鈴木康夫の名言|顧客が「やりたくない仕事」に集中する

私が社長に就任してから、アークの事業領域を再定義しました。顧客であるティア1(自動車メーカーの一次下請部品メーカー)が「やりたくない仕事」に集中することにしたのです。

鈴木康夫(経営者) の経歴

鈴木康夫、すずき・やすお。日本の経営者。試作・金型製造メーカー「アーク」社長。金沢大学工学部卒業後、小松製作所(コマツ)に入社。執行役員、常務、取締役、専務、富士テクニカ取締役、小松製作所産機事業本部長などを経てアークに入社。同社の経営再建に成功した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

クレディセゾンは現在、国内トップクラスのカード会社となっていますが、私が入社した時には事実上、倒産していた会社でした。その歴史は運とツキに恵まれたものでした。偶然ではありません。諦めずに生き筋を探し続けた結果、イノベーションが生み出され、運とツキが呼びこまれたのです。

林野宏の名言・格言|必死の努力が運とツキを呼び込む


多くの人に当てはまることだと思いますが、入社当初は現場にいて、その仕事の面白さを肌で実感していたはずです。だからこそ、いまの会社、いまの仕事でこれまで続けてこられた。しかし年数を重ねて、中間管理職の立場になってくると、次第に現場から遠ざかってしまう。百貨店の場合なら、店頭よりも事務やマネジメントの仕事が増えて、お客様の顔を直接みることが少なくなってしまうのです。そうすると、自分がなぜこれまでこの会社で働いてきたのか、だんだんみえなくなってくる。その結果、毎日雑務に追われるばかりで、仕事がつまらないと感じてしまうのです。そんなときこそ、原点に返って新人に戻ったような気持ちで、現場に立ってみるのがいいと思います。

大西洋の名言|ときには新人に戻ったような気持ちで現場に立つことが大切


整理におけるルールは、「モノを増やさないようにする」こと。新しいモノを買えば、家の中のモノが増えるのは当たり前。何かを捨てない限り、増える一方です。一番場所を取る「本」は、潔く捨てます。昔は一度手放した本は二度と手に入らない可能性がありましたが、今はアマゾンなどで比較的簡単に古本を探せるし、ちょっとした調べ物ならネットで検索できる。本を手元に置く必要がありません。

弘兼憲史の名言|整理におけるルール


古いものを壊して新しいものをつくり上げる時には、批判はあって当然。批判を怖がっていては何もできないし、我々にとっては何もしないことがそれまでの失敗だった。

白井一幸の名言|批判を怖がっていては何もできない


『働きマン』の連載をはじめる頃には、それこそ、「何でも描いてほしいと言われる漫画家」にはなっていたのですが、そうなってみると「だから好きなものを」とはいきませんでした。いまの時代に『モーニング』という大人の男性が手に取る雑誌でおもしろがってもらえるものを、と割と理詰めで考えて描いたんです。

安野モヨコの名言|「好きなものを」ではなく、読者に面白がってもらえるものを


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ