鈴木康夫の名言|顧客が「やりたくない仕事」に集中する

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が社長に就任してから、アークの事業領域を再定義しました。顧客であるティア1(自動車メーカーの一次下請部品メーカー)が「やりたくない仕事」に集中することにしたのです。


鈴木康夫(経営者) の経歴

鈴木康夫、すずき・やすお。日本の経営者。試作・金型製造メーカー「アーク」社長。金沢大学工学部卒業後、小松製作所(コマツ)に入社。執行役員、常務、取締役、専務、富士テクニカ取締役、小松製作所産機事業本部長などを経てアークに入社。同社の経営再建に成功した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いま以上の何か、ここではないどこかにある幸せ、それを追い求めても、それは蜃気楼です。近づけば近づくほど、遠のいていきます。いまここにあるもの、それに満足することが幸せなのです。

僕も歳を取り、変わっていきます。「今、この瞬間」は、一度しかない。

業務改善についても、トヨタ自動車がリーン生産方式の一部として広めた手法を早くから採用しています。現在、我々は世界中で1週間にわたる改善イベントを実施しています。

成果を急いで顧客からの信頼や長所をないがしろにすると、せっかく築いたブランド力を失ってしまいます。結局、愚直に精度の高い仕事を目指すことが、成果を出すコツなのです。

日々の予定を淡々とこなすのも、1つのやり方だと思います。でもその状態は、仕事に追われているように、私には映るのです。私にとって仕事は、万全の準備をして「迎え撃つ」もの。そうして一つひとつの仕事を充実させることが、自分の成長にもつながります。

前任者は経費削減策をとったが、僕の役割は現地を元気づけることだと思った。マネジャーたちが元気づくと、思いは地元ディーラーたちへと伝わっていった。もともと、思いをぶつけると受け止めてくれる心の熱いラテンの人たちだ。みんなで必死になって売り込み、年間販売台数は6000台から13000台へ倍増した。帰国時、「あなたと一緒に仕事ができて本当に幸せだった」という現地スタッフとディーラーの言葉に、熱いものが込み上げた。
【覚書き|42歳でプエルトリコのマツダの輸入代理店プラザ・モータース社長として経営再建に取り組んだときを振り返っての発言】

経営に肝腎なのは、頭を下げることと頭を使うこと。ですから私は、お金がある起業志望者には潤沢な資金の存在を忘れてほしいとアドバイスしています。

ページの先頭へ