大倉喜八郎の名言 格言|欲しきは人の勇気

知恵比べ 努力比べの 今の世に 欲しきは人の 勇気なりけり

大倉喜八郎 の経歴

大倉喜八郎、おおくら・きはちろう。明治の実業家。大倉財閥の創設者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日常の中で、仕事をしたり、勉強をしたりしているときに、ある意味では本番以上のプレッシャーを自分にかける。そのプレッシャーの中で練習していると、本番ではむしろリラックスできる。

チャンスを待て、しかし時を待つな。

親のコネは親が死んでしまえば終わりだけれど、自分でつくったコネは一生自分のものです。自分自身の人間関係を大切にする姿勢は大事です。

日本には、アメリカの経営手法を表面的に真似しているだけの経営者が多いですね。世界の金融経済はアングロサクソンのロジックで回っています。そのロジックに染まるだけではなく、そのロジックを利用しながら、世界に理解される日本独自の道を歩むようにならないといけません。でなければ日本にはアメリカの二番煎じしかないと思われても仕方ありません。

創造とイノベーションに継続的に取り組む企業だけが、実り豊かな将来を手にするチャンスを与えられている。

いま私も社長という立場になり、かつて支社長だったときとは比べ物にならない数の部下を持つようになりました。そこでやはり、不愉快な意見も含めて「聞く力」を何よりも大切にしたいと思います。

会社には10年ごとに垢を落とす変わり目がある。苦しくとも、それは絶対にやらなければならない。

使えない名刺を持っていてもムダ。年末に年賀状を出し、返事が来なかった人の名刺は捨てましょう。ただ、名刺を捨てることには心理的な抵抗が強い。私も、すぐには捨てられません。いったん箱に入れて事務所の奥にしまい込み、「捨てたも同然」という扱いにします。1箱1000枚程度入る名刺ケースを使えば、大して場所は取りません。

部下に適切な仕事を与え、能力や個性を存分に発揮させる。それこそが管理職の仕事。

(『HUNTER×HUNTER』は不定期連載だけど)それでもやっぱり、抜群に面白いんですよ。ずっと不定期連載が許されているっていうことは、それだけマンガとして魅力があるっていうわけで。休載の理由は置いといて、もう今じゃこの不定期連載のスタイルが逆にいいかな、とすら思うようになりました。だってマンガの週刊連載ってすごく大変だっていうじゃないですか。この作者の場合は、1年に何か月かだけ雑誌で連載して、残りの時間はお話を考える時間に徹する、というサイクルでいいんじゃないでしょうか。それで面白いものが生まれるなら、きっとそっちのほうがいいはず。

ページの先頭へ