安渕聖司の名言|習慣化には見える化が大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

見える化すると目標を達成したいというモチベーションが生まれて、習慣化しやすくなる。


安渕聖司 の経歴

安渕聖司、やすぶち・せいじ。日本の経営者。日本GE社長、GEキャピタル社長。兵庫県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、三菱商事に入社。同社で貿易金融、資金調達、財務運用、M&Aアドバイザリー、会長業務秘書、IR(財務広報)等の業務を担当。ロンドン、ニューヨーク駐在を経験。ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。米国投資ファンド「リップルウッド」の日本法人立上げに参画。その後、UBS証券を経てGEコマーシャル・ファイナンス・アジアに入社し法人金融部門社長兼CEOを務めたのち、GEキャピタル社長兼CEOに就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

愚直に繰り返すというと精神論に聞こえるかもしれませんが、習慣をマネジメントするポイントさえつかめれば、誰でも正しい努力を継続させることができます。習慣化するための条件として欠かせないのは、手段そのものを好きになることです。

仮説の検証を習慣化する方法は極めて簡単です。気づく機会を増やすことに尽きます。スケジュール帳に予定として組み入れてしまうのもいいですし、誰かに質問してもらう機会をつくるという手もあります。若い人の中には、上司に質問されることを苦手としている人も多いようですが、見方を変えれば、上司への報連相の機会を利用して日々の検証を習慣化するのも賢いやり方です。

人間には新しい変化に抵抗し、いつも通りを維持しようという傾向があります。生理状態を一定にコントロールしようとするこの働きを「ホメオスタシス」といいます。変化は脅威。それは新習慣に対してもいえること。多くの人が早起きを始めても三日坊主に終わってしまうのは、いわば心のホメオスタシスにより、人の心が脅威に感じるからなのです。

習慣化するまでは失敗するのが当たり前。あきらめず、もう一度、翌日から挑戦しましょう。

ある習慣をやめる取り組みを始めたら、いきなり大きく変えようとせず、「小さく始めること」。習慣化に必要なのは、「できた!」という自己肯定感です。たとえ小さな一歩でも、「自分の意図で、自分の行動をコントロールできた」という感覚を取り戻すことが、悪い習慣をやめる第一歩になるのです。

「1日3個は新しい単語を覚える」など低いハードルを設けて、ノートに単語や表現を書き留める習慣を身につけて欲しい。

三日坊主で終わらせないためには、自分を高めたいという欲望を持ち続けることです。それには自分より目線の高い人、自分より優れた人と積極的に付き合っていく必要があると思います。

ページの先頭へ