柳井正の名言|当たり前のことが当たり前にできるようにする

このエントリーをはてなブックマークに追加

いい会社、いい組織をつくろうと思ったら、当たり前のことが当たり前にできるようにすること。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

費やした時間やお金に見合った対価、結果がすぐに出るとは限りません。「思うような結果が得られていない」という現状は、ゴールに近づくための途上、プロセスです。

どのような意図で働き方改革を行なうのか、それを用いてどのように主体的に働けばいいかまで、会社は設計し、伝えなくてはならないと思います。会社側の設計と個人の主体性、それが融合する仕組みを作ることができれば、日本企業の良さを生かした、欧米とは違う働き方改革が実現するのではないでしょうか。

営業の現場では、いくら見栄えの良いカタログで説明してもダメで、各営業マンの手作り感が重要です。

結局、人対人なんだ。気持ちの問題。「ありがとう」と言われた相手は、気持ちがいいに決まっている。言った自分に好感を持つよ。上司、同僚、部下、取引先と、誰に対しても、仕事のやりやすさを考えたら、自分をよく思ってもらった方がいいに決まっている。

営業マニュアル本には、「こう会話を切り出せば、アポイントが取りやすい」「クロージングの場面では、こういう言葉を使えばよい」といったアドバイスが書かれていますが、そもそも使う言葉は同じでも、顧客の立場や接客のシチュエーションによって、言葉のもつ意味は異なります。したがって、万人に効果のある「決めゼリフ」など、そもそも存在しないと考えたほうがいいでしょう。

大企業はしばしば、非常に保守的になってしまいます。私の仕事は、伝統あるコカ・コーラのブランドを壊さずに、マーケティングを革新し、これまでとはもっと違うレベルに持っていくことです。

企業は大きくする過程で、どうしても組織に都合の良い、安易な方向に変化してしまう。そんなときに良質な価値観が確立されていれば、そこで悪い習慣や文化が芽生えてしまうのを防ぐことができるのです。

ページの先頭へ