柳井正の名言|商売というのは知識ではなく体得

このエントリーをはてなブックマークに追加

商売というのは体得です。経営も体得。知識でできるなら学者がみんな経営者になっていますよ。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経験の浅い部下は視野が狭く、自分の目の前の仕事のことしかわかりません。そのため、それぞれが部分最適に終始して、全体として非効率に陥ることがよくあります。これを避けるには、図で仕事の全体像を見せてから、「この部分を君に頼むよ」と仕事を任せることです。こうすれば、部下が見当違いの方向に進むリスクを減らせるので、結果歴に上司の仕事も早く進みます。

忙しくて、じっくり考える時間がないという人がいるかもしれません。しかし、早く結論を出すことを迫られているときこそ、出発点で時間を取って、しっかりと思考をめぐらすべきです。人は時間がない状況になると、重要に見えるいくつかの情報や問題だけを取捨選択して、それを材料に結論を出そうとします。こうしたやり方は一見効率的に見えますが、重要なものを見落としていることも多く、結論を間違えたり、最初からやり直すことになります。

現在そして未来のビジネスリーダーが理解しなければいけない最も重要なことは、自分がコントロールして影響を及ぼせることだけに意識を集中すること。そして、実行し、実行し、実行することだ。

実務面では当業界において当社の品質は日本一だと自負しています。品質大国日本の企業として当業界においてもこの品質管理を旗印に海外展開を強力に推し進めていきたいと考えています。

リニアテクノロジーには、「アナログ・グル(導師)」と呼ぶ世界トップクラスのアナログエンジニアが多数在籍しています。彼らの優れた知見や経験を広く伝えながら、アナログのうねりを業界に起こしていきたいと考えています。

その都度自分に「越えられるか越えられないか」というハードルを課してきたことが、経営者への道につながったのだと思います。

カメラは画素数ではなく、ものの背景に人の歴史や人生の証を残すものと考えれば、全く違った売り方になります。我々の視点はそこではないかと。作り手や使う人の思いをどうやって伝えるかということを私はいつも考えながらやっています。

言語化できるもの、論理化できるものは、デジタル社会においては共有スピードが極めて激しいので、競争の差異が生まれにくくなる。そういう中で、言語や論理では再現できない領域が今後、競争力の源泉になっていく。

100人のうち99人に誉められる者は、決していい人物ではない。

「ちょっとアホ」とは、楽しくないことでも楽しくしてしまう考え方です。たとえば、それまで「中期経営計画発表会」と呼んでいたものを、「やったるで総会」という楽しいネーミングに変え、細かい決算報告などはいっさい行わず、社員たちが「やったるで目標」を発表し合う場にしました。「日本一アホな服屋をめざす」「日本中に『なんじゃこりゃ~』と言わせて度肝を抜く」など。聞いているだけで笑えそうな目標を自由に立て、それを仲間といっしょに楽しみながら達成していきます。

ページの先頭へ