柳井正の名言|欠点に目をつむって長所を活かすことのほうが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

部下の欠点ばかりを指摘する上司もいますが、欠点に目をつむって長所を活かすことのほうが大切。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は満面の笑顔を向けられると、「自分は相手に受け入れられている」と感じます。人は誰もが「自分をわかってほしい」「人から認められたい」という欲求を持っているので、会った瞬間に「私はあなたを受け入れますよ」とメッセージを送られたら、その後の会話がどんな内容であれ、相手に好印象を抱くもの。

ビジネスそのものは、目的を果たすための手段でしかありませんが、逆にいえば、やってみたいと思うビジネスから、自分がそこにどんな意義を感じるかを探り出すことができます。例えば、文章を書く仕事がしたいという場合にも、企画を立てることが楽しいのか、何かを表現することに喜びがあるのかなど、その奥底に様々な意義が隠されています。

「指示された内容には入っていないけれども、指示の目的を考えればこれもやっておくといい」というプラスアルファをする。つまり、気を利かせる。そうすれば上司や会社の評価が上がり、時間を自由に使わせてくれるようになっていきます。

成功が成功を生むように、発見は発見を生む。質間とは探求する心である。

個人的には、社長は8年ぐらいの周期で交代することをイメージしている。8年ぐらいでアイデアが出尽くすためだ。

経営理念が単なる利害、単なる拡張というだけではいけない。それらのことが、いわば何が正しいかという人生観に立ち、かつ社会観、国家観、世界観さらには自然の摂理というところから芽生えて来なければならない。

高級ホテルに絞らないと売れっこなというのは、ホテルマンにも教わりました。安いホテルと一緒に売られるのはブランドが傷つくので嫌だとも言われました。実際、安いホテルがいっぱい並ぶ宿泊予約サイトでは、高級ホテルの予約は不思議なほど入らないんです。

ページの先頭へ