柳井正の名言|社員の長所を伸ばして活かすのも経営者の仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員の長所を伸ばして活かすのも経営者の仕事。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

30代半ばに、米国に5年ほど赴任していました。日本とは異なる文化、異なる言語、そして異なる仕事のやり方。そんな中で、どう頑張っても100点満点と思えることはなかった時期です。しかし、自分の意思でやったと思えるときは、納得できました。でなければどこかに悔いが残ってしまうものなのです。

できる限りクライアント企業のトップにお会いして話を聞き、求める人材像を絞り込んでいきます。そして候補者を探してアプローチをするわけですが、そういう人に限って転職を考えていない人が多いんです。ですから、まさに口説くという感じです。

「自分が日々の生活の中で、無意識に遠ざけているものって何だ?」と考えてみることをお勧めします。先入観で遠ざけていたものの扉を開けてみると、新たな生きがいや熱中できるものに出会えることが意外と多い気がするんです。

20世紀には繰り返し作業の多い製造業が、低賃金を求めて、米国や日本からこれらの国々に移転しましたが、今度は基礎的な会計や財務分析、法律リサーチといったホワイトカラーの仕事まで、そういう国に流出し始めている。

部下が来期の目標数値を持ってきたとしましょう。そこで彼が、「今回の数字の根拠は……」と大量のデータを一つ一つ説明し始めたら、その時点で不合格。上司は瞬時にその数字の背景を想像することができず、判断できないためです。逆に、「数字を導いたポイントはここにあります」と重要な点だけを簡潔に説明してくれたときは、安心できます。

まずはグループ内の各企業が強くなって、きちんと利益を生むこと。強い企業が集まることでグループの強みも増していく。シナジー効果は、その過程で追求すべきものでしょう。

お金があっても買うわけではない。いまは富裕層でさえお金を使っていない。魅力があるものを出す企業努力をもっとしなければ消費は動かない。

ページの先頭へ