柳井正の名言|心をこめて真剣に語ることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

熱意を伝えようと思えば、何千回、何万回と同じことを、本当にイヤになるくらい言い続けなければならない。それも心をこめて真剣に語ることが大切。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

朝つらいのはもともとの体質のせいではなく、誤った生活習慣が原因。日ごろの生活習慣を少しだけ変えれば、夜ぐっすり朝スッキリの快適睡眠は誰でも実現可能です。

一番避けなければならないのは、叱って部下のやる気を鼓舞しようとするやり方です。人には自己保存の本能があるため、自分にとって嫌なこと、不快なことは避けようとします。そのため、いくら上司が叱っても、部下は無意識のうちに耳をふさいでしまうようになります。

仕事の処理の仕方を、「直列処理」から「並列処理」へと転換することも大切です。直列処理とは、ひとつの仕事が終わってから次の仕事に取りかかること。並列処理は複数の仕事を同時に並行して進めることです。わかりやすい料理の例を挙げれば、鍋でお湯を沸かしているあいだに、何か別の作業をするというのは、誰もがやっていることです。仕事も同じで、複数の仕事を同時に処理できるように仕事の手順を考える習慣をもつようにしましょう。

小説を読んでもらいにくいなら、それに応じた仕事のやり方をしていかなきゃならない。

懸命に仕事をしてきた人に、いきなり人生を謳歌しろといっても無理があります。人生を楽しむためにもそれなりのトレーニングが必要です。若い時期から、頑張りすぎる自分にブレーキをかけて、自分のもう一つの軸、本当のワーク・ライフ・バランスについて、考えてみることはできるはず。そうした積み重ねで、人生は豊かになっていくのかもしれません。

言葉だけに頼らないことも大切。私たちは口から声を発しますが、最もしゃべっているのは目かもしれません。「目は口ほどにものを言う」ということわざがありますよね。目だけではなく、手もしゃべっている、指もしゃべっている。何かを伝えたいなら、全身を使って表現することです。

いま、企業の中にはリストラに積極的なところも多いようですが、それでは永続的な組織にはなりません。人材育成やモチベーションの向上は一朝一夕には進みません。ですから、私は社員、スタッフに育ってもらうための取り組みを地道に続けなければならないのです。

ページの先頭へ