柳井正の名言|心をこめて真剣に語ることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

熱意を伝えようと思えば、何千回、何万回と同じことを、本当にイヤになるくらい言い続けなければならない。それも心をこめて真剣に語ることが大切。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

損する読書としてまず挙げられるのは、最初から最後まで読むというやり方です。隅から隅まで読まなければもったいないという気持ちの人は多いと思うのですが、私に言わせればそういう本の読み方こそ、もったいないのです。1冊の本には自分にとって重要ではない内容もたくさん含まれています。そうした不要なモノまで逐一確認していくような読書は時間の無駄になる可能性が高いのです。

さまざまなことに目を向けていないと、知らないうちに新しいビジネスモデルが出てきて、世の中のスタンダードが変わってしまう。まして日本は言語的にも文化的にも隔絶されやすい環境です。国際競争が激化するなか、今後、日本はどのような付加価値をつけていくのか、世界目線で考えていかないといけません。

自分にとって素晴らしい上司は、部下にとっても理想の上司に違いありません。自分がしてほしいように、部下にしてあげるのです。そうすれば、あなたの厚意に報いるため、部下も仕事で成果をあげようと努力するはずです。

「節約だ」と思いながら行なうと気が滅入りがちですが、癖にしてしまえば、いちいち意識することもないので、ストレスも溜まらないでしょう。

原稿を書くのに適しているのは、夜より朝だ。夜はどうも感情的になりやすく、原稿が荒れてしまう。あえて攻撃的なものを書きたいときは別だが、基本的には朝書いたほうが質のいいものができる。

米ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得しましたが、マッキンゼーへ戻って早々に、退職を考えていました。プロジェクトがうまくいかず、「この職業は向いてない」と思ったんです。そんなある日、お世話になっている上司から、別件のプロジェクトを手伝うことを頼まれ、退職前の最後の仕事にするつもりで取り組みました。すると、初めて伸び伸びとした気持ちで働けた。なぜなら、退職を決めていたので、「成果を出す」という点に意識を向けられたからでしょう。それまでは、「自分は仕事がデキるのか」という点を気にしていた。それで自分は仕事がデキていないと思っていて、肩に力が入っていたんです。

朝起きて歯を磨くように、走ることも日常的にしないとダメだ。

ページの先頭へ