柳井正の名言|経営者がいいかげんな仕事をしていたら、社員は絶対に仕事をしない

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者がいいかげんな仕事をしていたら、社員は絶対に仕事をしない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アイデアを熟成させるときはよく掃除をします。一見、まったく仕事をしているようには見えませんが、その間に漠然としたものが形になることがあります。

生命保険を販売するのは、ラクな仕事ではありません。だけど我々の仕事は、人の不安を取り除く重要な聖の業「聖業」なのだから。

いまの20代社員は、右肩下がりの経済、就職氷河期の中、苦労して会社に入ってきました。成果主義のもと、短期の個人業績が査定や処遇に響く職場が当たり前です。となると、リスクを冒して発言するより、会議の場ではよほど求められない限り、「おとなしくしておいたほうが身のためではないか」「評価に関係のない会議よりも、評価に直結しスキルアップにもつながる自分の仕事だけは一生懸命やろう」と考えがちなのです。

タイムを計りながら仕事をするといいですよ。それを何回もやると速くなる。私の場合は、時間を管理するために、デスクと自宅にストップウオッチを置いて締め切り時間を設定しながら業務をこなしています。

「メルセデス・ベンツコネクション」の店員は、その魅力を深く知ってもらうために、あえて自分たちでは売りません。あくまでもメルセデス・ベンツのそばでコーヒーを飲み、食事をしていただくだけ。そうやって親しんでいただくなかから「欲しい」とおっしゃるお客様が現れたら、販売店につなぐ。いきなり売ろうとするのではなく、段階的に認知を高めていただくことによって、新しい顧客の開拓につなげていきたいわけです。

天賦のこと、生まれつきの才能のことなど語るな。天賦のなかった偉大な人物はたくさんいる。彼らは偉大な能力を獲得し、いわゆる天才になったのである。

国家や企業経営者は未来への投資を怠らない方がいい。時代に合わせて事業転換ができる企業は、未来への投資を怠らない経営者がいる。企業は未来を創るためにあるのだという経営哲学が大切。

ページの先頭へ