柳井正の名言|会社を沸騰させて飛び上がるほど熱くしないと

会社を沸騰させて飛び上がるほど熱くしないと、普通のサラリーマン体質の人には危機感が伝わらない。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

できるだけ部品は共通化し、調達先も絞る。そうやって生産効率を高めていく。

実際に星野リゾートでは、地方で働き、自らの力を思う存分発揮している社員が大勢います。着任時は不安を抱いていても、「住めば都」となり、新しい視点でその地方の魅力を発見して、活性化に貢献している例が多いのです。例えば、神奈川・箱根にある施設「星野リゾート 界 箱根」では、ある担当者が箱根の伝統工芸である寄木細工に目をつけて、ホテルで使う調度品の製作を職人に依頼しました。職人たちは価格が安い土産品を作ることが多く、意欲を失っていた面があった。そこを何とかしたい、そして、寄木細工の魅力をお客様へ伝えたいと考えたのです。結果的に寄木細工の調度品はお客様に喜ばれただけでなく、地域の活性化にも貢献できた。担当者はこのことにとてもやりがいを感じているようです。

チャンスを活かしたいのなら頭を磨くことだ。

自分で考えた企画を監督する場合、自分が思っている面白さを必死に人に伝えます。もしそれが伝わらないようなら、僕の座標の設定が間違っているんです。押すときは押すけれど、引くべきときは引くことも大切だと思います。

社員の長所を伸ばして活かすのも経営者の仕事。

行って動かせ、行けば動く。

小泉純一郎元首相は言葉に鋭敏な政治家だった。次のジョークも聴衆の言葉をつかむ秀逸なものだ。「人生には3つの坂がある。上り坂、下り坂、『まさか』」。下り坂までは、普通に納得できる話である。では3つ目は何だろうと身構えていると、一転して「まさか」。洒落である。だが、考えてみれば「まさか」という出来事が人生にはよくある。洒落で笑わせつつ、状況を的確に伝える見事な言い回しだ。

何をやるにしても確信を持ってやっていないんですよ。やりながら「いいのかなこれで」と常に思っていますね。

世間や上司、あるいは親などを思い浮かべてください。彼らはあなたの人生に責任をとりません。自分に責任を持てるのは、自分自身以外にはいない。

どんなにありがたい話でも、自分自身が体験していないことは、いくら熱弁を振るっても共感は呼べない。

ページの先頭へ