岡谷鋼機の日誦五則

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡谷鋼機の日誦(にっしょう)五則

一、外を飾らず心を磨くべし
一、分限を知り贅(ぜい)を慎むべし
一、虚を憎み誠を重んずべし
一、働くを楽しみ懶(らん)を羞(しゅう)とすべし
一、責任を知り力を協すべし
【覚え書き|懶=ものぐさ】


家訓・社是・社訓・経営理念 の経歴

家訓や企業の標語・経営理念。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

そもそもホテルでは、特にチェックアウトの集中する朝の時間帯、フロントに精鋭の人員をそろえねばならず、人件費がかかる。チェックイン機導入で、こうしたチェックアウトにかかるコストの問題も解決しました。お客様にとっても、チェックアウトの混雑を気にせずに済むため、朝早めに起きる必要がありません。

第一サントリーファーマ社長時代、製品の回収を経験しました。そのとき、回収になった原因を検証してみると、製品設計の段階でこういう視点を持っておけばよかった、営業が速めに情報収集をしておけばよかった、生産プロセスでこんなことに気づいておけばよかったと、たくさんの反省点が出てきました。要は、日ごろから連携して仕事をしていれば、回収という事態は回避できたのではないかということです。

人は、やりがいのある仕事を与えられてこそ伸びていくものです。チャンスが来るのを待っているだけでは、一生、活躍の場を与えられません。

現場をスムーズに回すためには、スタッフたちに「うちのリーダーは頼りになる」と思ってもらえるかどうかが、ひとつの勝負でした。

経済のセンスや世の中を見る目は地位が上がるにつれ、より重要になります。30代になったら、数字に対する感性をさらに磨くべきです。なかでもマクロ経済の大きな流れを勉強することは最優先事項です。

ブランド化といっても、やはり地元で考え抜かなければダメ。

私は長年、長期投資の世界で働いてきて、その良さについて熟知していました。それが日本では全くといっていいほど知られていませんでした。良いものを世に届けたい、それだけでした。

コモディティ商品は値段と営業マンの人間関係で決まります。値が下がっても苦しさを耐え抜けば、他の会社が脱落して供給が減るため、価格が締まっていきます。はじめは利益が出なかったのが出るようになる。この間を支えるのが営業マンの力です。需要家に、この会社のこの人から長期的に安定的に買いたいと思ってもらえる信用力です。

言い古された表現だが、「組織はトップ次第」だ。トップに人望がなければ、部下や共同研究者はついてこない。だからこそ、トップの人事は大切だ。

私は日本のテレビ局のキャスターとして行ったモスクワで取材中、銃撃戦に巻き込まれました。弾が頭上を飛び交う中、「俺はここで死ぬかもしれない」と覚悟しました。そのとき、周りの景色が急にスローモーションになり、家族の顔が目の前に浮かんだのです。ほんの一秒くらいのことなのですが、そのとき初めて、自分にとって何が大切かを自覚しました。やっぱり家族なんだなと。

ページの先頭へ