羽生善治の名言|ちょっと疲れているぐらいのときのほうが感覚は研ぎ澄まされている

ちょっと疲れているぐらいのときのほうが感覚は研ぎ澄まされている。

羽生善治 の経歴

羽生善治、はぶ・よしはる。日本のプロ棋士。埼玉県出身。小学2年生で近所の将棋クラブの小中学生将棋大会に参加し負けたことをきっかけとして将棋にのめり込み始める。小学6年生で奨励会に入会したのち、中学生でプロに昇格。史上3人目の中学生棋士となった。その後、NHK杯戦優勝回数9回、オールスター勝ち抜き戦16連勝、通算600勝・800勝・1000勝の最速・最年少記録そのほか多くの記録を打ち立てた。史上初の永世七冠。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ