カントの名言|我々は自然の立法者であり、我々に発見できない自然界の法則はない。

我々は自然の立法者であり、我々に発見できない自然界の法則はない。

カント の経歴

イマヌエル・カント。プロイセン王国の思想家、哲学者、大学教授。ドイツ観念論の祖とされ、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』などの名著を残す。ケーニヒスベルク大学で教鞭をとった。近代哲学に大きな影響を与えた哲学者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

雑談の際に心がけたいのは感情を込めて相づちを打つこと。大げさになりすぎるのはよくありませんが、そっけなくならないようにしっりと相づちを打つ。相づちで大切なのは、発した言葉の内容よりも、そのときの表情や声のトーンです。「そうですね~」「そうなんですか!」と、その時々に応じて反応することが大切です。なお、驚きを表わす「え~!」や、興味を表わす「へえ~♪」、感心や賞賛を表わす「ほぉ!」などの相づちも、「あなた(あなたの話)に関心を持っています」ということを伝える共感の言葉です。相手との関係性に配慮しつつ、上手に使ってみてください。

いまは核家族になっていますから、両親が美徳や価値観を子供に教えていかないとならない。両親にも日本人としての美徳や価値観が薄らいできている可能性があります。世界に誇れる日本であり続けるには、やはり親御さんの教育といいますか、親にしっかりしてもらうことが大事じゃないかと思います。

部下を厳しく叱ってもダメなら、褒めればいいのです。誰だって、叱られるより、褒められるほうが嬉しいに決まっています。

人々を動機付ける能力がなくては、経営者とは言えない。

部下のやる気を引き出すのに一番いい方法は、「任せること」と「見る(認める)こと」。当社は個店経営を掲げ、店長に大きな裁量を持たせています。私も必ず週末には店舗を回って、売り場の状態を確認し、店長の話に耳を傾けます。

先輩の後ろ姿を見せることが最高の自己啓発につながる。

卒業間近になったとき、非常に印象的な言葉を教わりました。相手をインスパイアするために有効なコミュニケーションの方法の第一は、まず相手の言葉を聞くこと。第二は、自分自身が情熱的に生きていることだと。自分に情熱がなかったら、相手がインスパイアされることなんてあり得ないのだと教わりました。
【覚書き|アメリカのコミュニケーション学校のデール・カーネギー・スクールに通った当時を振り返っての発言】

「時計を見るな」これが私の、若い人々におくりたい、ただ一つの言葉である。時計は必需品ではあるが、仕事をしている最中、研究をしている最中に時計を見るようでは、良い仕事は出来ない。

アイデア創造のためには、まず「ゴールイメージ」から絵にすると良いでしょう。たとえばゴールが「顧客満足」なら、喜んでいるお客様の絵。「この店に来てよかった!」といったセリフを添えるとなお良いでしょう。そして、このゴールに至った理由は何かを想像します。スタッフの丁寧な接客なのか、陳列なのか、商品デザインなのか。そこからさまざまな発想が湧き、具体的なアイデアへとつながっていきます。

意思決定の場面は毎日あります。案件を先送りせず、ひとつひとつ決断していくことが大切です。また、決断したからには、成果を出さなければいけません。さらに、現代の経営にとってスピードは重要な要素です。「決断」「成果」「スピード感」の3要素こそが、企業再生のキーワードなんです。

ページの先頭へ