ジャック・ウェルチの名言_格言|自分より優秀な部下が来たら恐れるより喜べ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボスとして最高なのは、自分より賢くクリエイティブ、あるいはどこかしらあなたよりも優秀な社員を持つことだ。それはもう、宝くじに当たったような気分だ。突然みんなの業績を引き上げ、評判を良くしてくれる有能なメンバーを手に入れたのだから。当然あなたの業績と評判もそれにつれて上がる。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客様にじかに接しているのは営業職員ですから、彼らが感じたことはお客様の声でもあるわけです。その要望の中にマネジメントのヒントがあるのです。たとえば、この間(お客様に過去の病歴などを告知していただく書類)告知書を変えました。職員からの要望もあって文字を大きくし、内容も簡素にしたんです。

やるべきことが決まったならば執念をもってとことんまで押し進めよ。問題は能力ではなく執念の欠如である。

失敗はしない方がいいが、私は失敗の質を叱る。悪意と怠慢と無知による失敗を。しかし、過失や勇み足は交通事故のようなものです。

松下さんともあろう人が、この有力な未来部門に見切りをつけるとは、いかにも残念。コンピュータは今でこそソロバンが合わないが、これは将来必ず、家庭電器の分野にも不可欠なものになる(小林宏治、こばやしこうじ、日本電気(現NEC)社長・会長、日本工学アカデミー会長、勲一等旭日大綬章受賞者、NEC中興の祖と評される、コンピューターと半導体を主軸に事業を展開)

私が臆病者だって?戦うことが目的ではない。勝つことが目的なのだ。しかし、勝ちめがなければ撤退する。ビジネスはゲームだ。そのゲームに勝つこと。これに勝る快感はない。

偉い経営者とはどういう人のことを言うのだろうか。会社を急成長させた人、新しいビジネスを創造した人など、世間的に偉いと思われている経営者は大勢いる。しかし私がこれまで付き合ってきた経営者の中に、本当の意味で人間的に偉いなぁと思える人はそれほど多くなかった。

重要なのは、グーグルの文化を維持すること。グーグルの文化とは、ユーザーを最優先し、製品の質と操作性を絶えず向上させること。

ページの先頭へ