三島和夫の名言|必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差がある

必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差があります。6時間睡眠でばっちりだという人もいれば、8時間でも足りない人もいる。この個人差は相当大きく、必要睡眠量の平均値、中央値すらわかっていません。

三島和夫 の経歴

三島和夫、みしま・かずお。日本の医師。不眠症の専門家。秋田大学医学部医学科卒業。同大学医学部精神科学講座助手・講師・助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター客員助教授、米国スタンフォード大学医学部睡眠研究センター客員助教授、国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部部長、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部部長、日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事などを務めた。主な著書に『睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン』『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識(共著)』『不眠の医療と心理援助 認知行動療法の理論と実践(共著)』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ライバルというと、通常、同じ業界内の同業他社をイメージしますが、本当のライバルは、新しく出てきた廉価な代替品や様々な技術革新。それに「過去の成功体験」こそが、最大のライバルなのです。

勝間和代の名言|「過去の成功体験」こそが、最大のライバル


相手がまったく興味のない話に、テクニックでどうにかして興味を持たせることは、かなり難しいと思います。まずは相手が興味のある話をして、その話をする自分という人間に対して興味を持ってもらってから、本当に話したいことを話すしかないのではないでしょうか。

松本大の名言|相手が興味のある話をすることが大切


小説には必ず人間の怒りや憎しみがテーマとして出てきます。よい小説を読むことで、人間の心の奥底にあるものや動きを知ることができる。

佐藤優の名言|よい小説を読むことで、人間の心の奥底にあるものや動きを知ることができる


自分の人生で最も大きな部分を占めているのは何かといったら、それは仕事にほかなりません。僕は自分のエネルギーの8割は仕事に割いていると思っています。その8割の時間を満足いく働き方で充実させた方が、確実に幸せになれる。僕はそう考えています。

小暮真久の名言|仕事を充実させることは幸せにつながる


当社は車載情報器機事業を担当する子会社のアルパインとの協業も進めています。これも他の部品メーカーとの違いであり強みです。アウトプットを得意とするアルパイン、インプットやコネクティビティを得意とするアルプスが共同で開発・提案することで、グループのシナジーを発揮し、総合的なソリューションを提案していきたいと思っています。

栗山年弘の名言|得意分野で協業し、グループのシナジーを発揮する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ