三島和夫の名言|必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差があります。6時間睡眠でばっちりだという人もいれば、8時間でも足りない人もいる。この個人差は相当大きく、必要睡眠量の平均値、中央値すらわかっていません。

三島和夫 の経歴

三島和夫、みしま・かずお。日本の医師。不眠症の専門家。秋田大学医学部医学科卒業。同大学医学部精神科学講座助手・講師・助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター客員助教授、米国スタンフォード大学医学部睡眠研究センター客員助教授、国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部部長、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部部長、日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事などを務めた。主な著書に『睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン』『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識(共著)』『不眠の医療と心理援助 認知行動療法の理論と実践(共著)』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ名言

ページの先頭へ