三島和夫の名言|必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差があります。6時間睡眠でばっちりだという人もいれば、8時間でも足りない人もいる。この個人差は相当大きく、必要睡眠量の平均値、中央値すらわかっていません。


三島和夫 の経歴

三島和夫、みしま・かずお。日本の医師。不眠症の専門家。秋田大学医学部医学科卒業。同大学医学部精神科学講座助手・講師・助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター客員助教授、米国スタンフォード大学医学部睡眠研究センター客員助教授、国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部部長、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部部長、日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事などを務めた。主な著書に『睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン』『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識(共著)』『不眠の医療と心理援助 認知行動療法の理論と実践(共著)』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は衝動的に命令せずに、熟慮と段階的な予測をして、かなり先まで読んでから決断します。

講演でお会いした若い社長から「会長が口出して困る」とよく相談を受けます。そうではなくて、社長は耳を傾けてあげるだけでいいのです。そして自分が好きなように決めればいい。そう話すと皆笑います。話も聞かないで入り口でシャットアウトしたら創業者だって怒ります。

どんな数字がインパクトを持っているかは、その時々で変わります。あまり多くの場で使われすぎていると、新鮮味がなくなるからです。みずみずしい数字を使うために、「逆張り」を心がけましょう。たとえば、最近の飲料業界では「ゼロカロリー」をアピールする飲料が増えています。その逆を張ったのがサントリーの「DAKARA」で、「余分三兄弟」と余分な方をアピールしています。どちらが新鮮かといえば、余分三兄弟ではないでしょうか。

成果主義を貫くうえで、最も重要なのは、下が上げてくる面白い事業アイデアを、上がきちんと評価できるかどうかです。成果主義は部下のアイデアの質を的確に判断できる上司とセットになっていなければ、たちまち行き詰ってしまいます。成果が正当に評価されない成果主義など成り立つわけがありません。

任天堂は娯楽の会社で、娯楽以外はしないほうがいい。

国際政治は究極の騙し合いです。武器を使わない戦いであって、勝つか敗れるか。それをわきまえていなければなりません。

小学生の子供たちが元気な理由、わかりますか? 大人みたいにお酒飲んだり、暴飲暴食したりしないということもありますが、それよりもよく遊んで体を動かして早寝早起きするというシンプルな生活サイクルを守っているということが最大の要因なんですよ。

健康管理を他人任せにする人もいますが、それはビジネスパーソンとして二流です。ビジネスパーソンのコアバリューはなんだと思いますか? 自分の身体と頭ではないでしょうか。一流の人は、自分のリソースを自分で管理して磨き、さらに高みを目指します。これこそ、仕事人のあるべき姿だと私は思います。

人が変わらないと嘆く前に、自分が本当にやりたいことを掲げ、実践する。それこそが自分も周囲もやる気を高める一番の方法だと思います。

変化はリスクを伴いますが、今の時代、変化しないほうがリスクが高い。

ページの先頭へ