三島和夫の名言|必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差がある

必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差があります。6時間睡眠でばっちりだという人もいれば、8時間でも足りない人もいる。この個人差は相当大きく、必要睡眠量の平均値、中央値すらわかっていません。

三島和夫 の経歴

三島和夫、みしま・かずお。日本の医師。不眠症の専門家。秋田大学医学部医学科卒業。同大学医学部精神科学講座助手・講師・助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター客員助教授、米国スタンフォード大学医学部睡眠研究センター客員助教授、国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部部長、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部部長、日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事などを務めた。主な著書に『睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン』『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識(共著)』『不眠の医療と心理援助 認知行動療法の理論と実践(共著)』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

縁というのは、10人いれば10人平等にやってきます。「縁がない」という言葉がよく使われますが、それは縁を結ぶ原因がないからです。日々の努力でその原因となるものを、あなたは作っているでしょうか。

失敗は本当に多くの情報を提供してくれ、将来多くの成功を生み出す可能性を有している。

いまはお金があれば幸せになれるかというと、そういう時代ではないし、いい大学に入って、いい会社に就職すれば安泰なのかといったら、決してそんなこともない。だからこそ、どういう暮らしをしたいのか、何が幸せなのかということをしっかり考え直す時期なのかなと。

私は、研究と設計は同じだと考えていて、仮説を持ってそれを証明していくという両輪の関係にあります。学生や若い建築家にいつも言うのですが「研究に基づくデザイン」を大切にし、その両分野に挑戦してほしいと。

シニア起業家は幸せそうに仕事をしていて、ほほ笑ましい。ミドルの方は拡大志向が強く、私自身刺激を受けている。どちらにせよ、幸せな起業ライフを実現してほしい。

ぼく自身は、小企業も中企業も大企業も経営の経験があるわけですけれど、主人公の率先垂範がまず第一ということは、まったく企業の大小を問わず、共通にいえることです。

いま描いているのを最高に面白い傑作にしたいなあと、思いながら描いているんです。

どんな逆境にあっても、今、目の前にある仕事に、不平不満を抱かずに一生懸命頑張っていくことが、その人の人間性を高めていく。その熱心な、必死な努力が、いずれ必ず自分の人生を開いていく元になる。

NPOのためのインキュベーションオフィスを開設し、安い賃料で使ってもらっていますし、NPOに対する貸出金利は0.1%です。しかも専門家のアドバイスを受けるのも無料です。なぜこういうことをやるかというと、いずれ地方公共団体は財源不足に陥ります。この時、行政に代わって住民サービスを行ってくれるのがNPOです。信用金庫は地域の力に支えられています。NPOの活動によって、地域が元気になれば、取引先も元気になります。その結果、我々も元気になるのです。

今後は、我々の仕事のどこに付加価値があり、どこには付加価値がないのかということを真剣に考え直す必要があります。

ページの先頭へ