ジャック・ウェルチの名言_格言|コンサルタントを使う時の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルタントには気をつけろ。知らないうちに、あなたのビジネスにずっと口出しし続けるようになってしまう。たとえあなたが望まないとしても。なにしろ、それが彼らの狙いだから。コンサルタントは会社にやってきて、困った状況を解決するだけではない。その後もウロウロして、別の困った状況を見つけ出しては解決しようとする。永遠に。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

常に先制の妙を発揮せよ

企業は仲良しクラブでは駄目。激動に耐える戦闘集団でありたい。現状打破には勇気がいるが、これはやらねばいけません。合理化に終わりはない。社長が問題意識をもつところに必ずその余地がある。

いいか、ジョージ。私は捕虜達を捜し続けるが、米国政府が世界中に麻薬を流通させて、違法な武器取引をしているという件をなんとしても暴いてやるぞ。私が捕虜達を助けられないとしたら、わが国の工作員達が堕落しているおかげだ。(覚書き|ペロー氏は私費を投じてベトナム戦争捕虜救出活動を行っていた。上記発言はジョージ・ブッシュに怒って言い放った言葉)

現在では人事評価を少しでも間違うと、優秀な人材が会社からいなくなる可能性が高くなっています。人事評価は「真剣勝負の時代」になりつつあります。正しい評価に基づいた報酬制度にしないと、他社でもっと良い処遇を受けられる自信のある社員や実際にそういう実力を持った社員は、次々と会社を辞めていくかもしれません。

日本にはなかなか資本主義が根付かない。金儲けを罪悪視する風潮が今も残っている。誤解を恐れずに言えば、悪しき平等主義がはびこったために、日本社会がしなったものも大きいように感じる。

人のためになることであって、なおかつ自分のためになることをやっていかなければ、企業は成立しない。自らの繁栄を求めながら、真の社会的責任を果たす企業を目指せ。【覚書き:利他と利己のバランスをうまく取りながら、なおかつ社会に貢献する企業活動をせよという趣旨の発言】

技術開発は日進月歩で進んでいるのだから、まず何よりもスピード化が大事です。リードタイム(作業着手から完了までの所要時間)を少しでも短くすることが不可欠となる。そのためには各部署がバラバラに動くのではやっていけません。開発、設計、生産技術、製造、サービスという各部署が結集してチームとしていかに機能させるかがマネジメント上最も重要になるでしょう。

ページの先頭へ