ジャック・ウェルチの名言_格言|ビジネス経営で変化に対処するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

変化はつらい。だが、ビジネスの世界では避けがたいことだ。あなたに残されているのは、名残惜しいだろうが過去に別れを告げることだけ。あなたに残されているのは、名残惜しいだろうが、過去に別れを告げることだけだ。もう終わったことなのだ。昔に日々は返ってこない。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

考えるより当たれ。体当たりによって生きたアイデアが生まれる。

過去における経験から考えて、競争が激しく市価の安いときほど進歩がある。技術でも経営でもそういうときにはいろいろ工夫や改良をして対抗するし、また行きがかりや習慣を捨てて何でも実行しやすいのである。それゆえ私は常に不景気にいかに処するかが経営の値打ちの分かれるところで、不況を乗り切るものは必ず成功すると考えている。不況に際しては、不況をありのままに受け取って、みんなでこれを合理的に克服することである。

自分自身の周囲に起きていることのすべては、他人や環境のせいではなく、すべて自分自身が作り出していることに気づきました。自分が驕っていたがゆえに見えなかったものが、どんどん目に入ってきたのです。なんという窮屈な世界に住んでいたのだろう。

自分探しにハマってしまうのは要注意です。本当の自分なんてどこにもいやしない。むしろ、自分は自分で作っていくものです。それには目の前の仕事を一つ一つやりきって、自分を確認していくしいかありません。

いつでも、人はヤケクソになってはいけないと思う。その状況下で最善のものは何かと考え、それに向かって努力する。それでも駄目なら、仕方がないが、あくまでも最後まで努力しなければならない。人生に困難はつきものである。要はそれに向かう当人の心の持ち方である。

いまも自分のポリシーが現場に伝わっているか、現場で正しく実行に移されているかを確かめなければやはり不安です。それで現場に行くわけですが、行ってみると私のポリシーの上に現場の人が知恵を加えて期待以上によくやってくれている。それを見た時はうれしいです。だから現場では感謝しながら歩くわけです。

何もせずに社長室に座っていると、悪い話は入ってこない。そうなると、経営判断を間違ったり、遅くなったりする。経営者は現場を歩き、積極的に生の情報を集めなければならない。【覚書き:IBM社長室の伝統「オープン・ドア・ポリシー(社長室のドアは常に開けておかなければいけないルール。IBM創業時からの風通しの良い社風のシンボル)」について語った言葉。社長室の扉があいていても、社長が部屋に籠っていてはオープン・ドア・ポリシーも無意味なものになってしまうという趣旨の発言】

ページの先頭へ