高橋智隆の名言|安直な発想から脱し、遊び心ある創造的発想を

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロボットというと、日頃の家事や雑用の代行から社会問題の解決まで、人間の面倒を押しつけようとしがちですが、そういった安直な発想から脱し、遊び心ある創造的発想で見守っていただきたいものです。


高橋智隆 の経歴

高橋智隆、たかはし・ともたか。日本のロボットクリエイター。大阪出身。立命館大学産業社会学部卒業、京都大学工学部物理工学科卒業。京都大学で大学内ベンチャー「ロボ・ガレージ」を設立。数多くの独創的なロボットをつくった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

1年間いろいろ試してもうまくいかなかった場合は、ビジネスそのものが正しいかどうか疑う必要がある。

いい面ばかりを強調しても相手は信じてくれませんから、お互い儲けましょう、という姿勢が大事です。

こういう時期こそ、経営者が勝負しなくてはいけない。世の中が不透明で、変化が激しい時代ですから、社員に明確な方向と明確なやり方を示して、具体論で進んでいく。

私自身としては、現在の問題については、過去がかつてこうであったというところからの類推でしか見ていません。だから、既成のイデオロギーから何かを構築しようという気はまるでないんです。

オーナーも入居者も満足できる住環境を世の中に広げていきたい。

私の父親が家具販売で最も得意としていた商品が、マットレスでした。お客様は少しでも安いマットレスを買おうとするのですが、結果的には最高ランクを売ることができました。なぜかというと、購入する際に何を目的にして、どういったことに投資をするべきかをしっかり伝えると、最高ランクの品を買っていただけることが多かったのです。PXGのゴルフクラブも同じです。ゴルフは長期的にプレーされる方が多いので、いろんなクラブを試していくうちに、PXGのクラブの本当の価値をご理解いただけると思います。

会社で働く人は、公のものを私に取り込む「公私混同」はダメだけど、自分の持っているものを、会社に役立てるのは、とても良いこと。

長期投資家は5年先10年先にますますビジネスを拡大させているであろう企業のみを選別する。「今株式市場で話題となっているが、3年先もこの勢いが続いているかというと、ちょっと怪しい」と思えるならば、そういった企業は長期投資の対象からキレイさっぱりと外してしまう。

社内で何かを実現しようとするとき、しがらみや慣例に縛られて、自由に動けないことがあります。しかし、顧客の声を代表するような社外の人とのつながりをうまく活用すれば、しがらみを突破することも難しくはありません。直属の部長や課長はこうした方法を嫌がるかもしれませんが、顧客目線で閉塞感を破れる人こそ、会社が必要としている人材なのです。

なぜこのプロジェクトは駄目になったのか、じっくり理由を考えたんです。本来やりたかったことを見失っていなかったかなどと、とにかくあらゆる面から反省しました。
【覚書き|リクルート時代、1年間明け方まで働いて練ってきた新サービスが会社の判断で頓挫したときを振り返っての発言。独立後この企画は「朝時間.jp」として日の目を見ることとなった】

ページの先頭へ