古森重隆の名言|スピードとダイナミズムは、事の成否を分かつ。

スピードとダイナミズムは、事の成否を分かつ。

古森重隆 の経歴

古森重隆、こもり・しげたか。日本の経営者。富士フイルムホールディングス会長。長崎県出身。東京大学経済学部卒業後、富士写真フイルムに入社。取締役営業第二本部長、デュッセルドルフ支店長、ヨーロッパ支社長、常務などを経て社長・会長。デジタルカメラの普及に対応し、創業以来のメイン事業である写真フィルムから抜本的転換を行った。液晶素材、医療事業などに進出し、写真フィルム需要低迷で売上を落としていた同社をV字回復させ過去最高益を達成。そのほか、日本放送協会(NHK)経営委員会委員長なども務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

1926年、レーヨン製造会社としてスタートし、ナイロンの研究を始めて、戦前にナイロン繊維を自社生産しました。生物化学の名でバイオ研究を始めたのも当社が日本初です。絶えず技術のフロンティアに挑戦する。これが当社のDNAです。

榊原定征の名言|絶えず技術のフロンティアに挑戦する社風


経営者は会社の恥部を見つけて歩くことが仕事なんだ。普通のゴミなら誰でも見つけられるけれど、小さなゴミは僕にしか見つけられない。

家田美智雄の名言|経営者は会社の恥部を見つけて歩くことが仕事


残存率が重要。つぶれた旅館は出ても、その客はいなくなるわけではない。別の旅館に行きます。生き残っていれば必ず確かな儲けが得られるのです。

南原竜樹の名言|生き残っていれば必ず確かな儲けが得られる


雑談で話題が見つからないといっても、毎日生活をしている以上は何かあるはずです。ひとつのヒントとして「最近の」話題があります。会話のきっかけとして、「最近、いかがですか」などと質問をすることがあります。この「最近」という言葉は、どんな質問にも魅力をプラスしてくれる不思議な言葉です。「健康法、何かありますか」と聞くよりも、「最近、どんな健康法をなさっていますか」と聞かれると、答えも弾んできます。

奥脇洋子の名言|会話が弾む質問法


企業のイメージアップも非常に重要です。いくらすぐれた製品をつくっていても、イメージの悪い企業から買おうとは思わないでしょう。

塚越寛の名言|企業のイメージアップが重要


「経済的に豊かになりたい」とか「成功して地位や名声を得たい」とか、そうした個人的な願望はありません。またグローバルステージという会社についても、いまのところあえて売上や利益の目標を設定していません。経営のスタイルとしては、確かに特殊な部類でしょう。でも、それでいいと思っています。当社の主な事業は「新規事業開発支援」や「営業代行」などですが、そこでクライアントから与えられたミッションに最大限こたえることが、結果的に社員にとっては大きな教育効果をもたらすからです。

薄井隆博の名言|利益よりも社員の成長に焦点を当てる


自分の身づくろいの出来栄えは、人から見て批評してもらわぬと駄目です。それを自分で御覧になることはとうていできるものではありません。

吉川元春の名言|自分の格好が適切かどうかは自分ではわからないもの


どんなに良いときでもミスがあり、どんなに悪いときでもチャンスがある。

泉谷直木の名言|どんなに良いときでもミスがあり、どんなに悪いときでもチャンスがある


断ることは、相手を拒否するわけではなく、自分の意思を相手に伝える行為。いたずらに恐れる必要はありません。

笹氣健治の名言|断ることは、自分の意思を相手に伝える行為


実在した人物の世界を再現することは、フィクションとはまるでアプローチが異なります。脚本は20稿くらい書き直しましたが、ヴィオレットの著作からの引用をなるべくセリフに活かしました。彼女の小説には、人を惹きつけるインパクトのある言葉がたくさんありますから。

マルタン・プロヴォの名言|実在した人物の世界を再現することは、フィクションとはまるでアプローチが異なる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ