川村隆の名言|マスコミなどから過去最高益更新と騒がれていい気になっていてはダメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日立の社内が、ちょっと緩んでいる気はする。もう少しピシッとやらないと。マスコミなどから過去最高益更新と騒がれていい気になっていてはダメだ。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

神戸は街の景観はいいが、問題はコンテンツの賞味期限が切れていること。外国人にとっては北野異人館の洋館より、京都の神社仏閣に行った方が異文化の刺激がある。だったら様々な国の文化を混ぜてきた神戸の土壌を生かし、新たな神戸発の品物を創りたい。神戸別品博覧会で海外に輸出するコンテンツを作る。

金持ちになることを選んだら、まったく新しいゲームのやり方を学ばなければならない。それは別の考え方と、ファイナンシャル・インテリジェンスが必要だ。

結局、正しいことをやっていくのが商売の本質。競争相手と比べて、どちらが正しいことをしているか、それを考え続けることです。

競合に勝つためにターゲットとなる顧客を明確化し、施設や料理の写真からコンテンツの企画・構成まで戦略的に分析した集客ツールを構築しています。

たとえば、フリーアドレスを導入するとしても、入社3年目までは先輩の席の近くの固定席にする。新人のうちは先輩社員から学ぶことが多いからです。そのうえで、「なぜ固定席にするのか」という理由をしっかり伝える。そうすれば、先輩社員も新人もそれを意識して働くことになる。

現地の人の物差しで見ないといけない。それができないのなら、そういう目で見える人たちをビジネスのメンバーに入れて、その意見をくみ取らないといけない。

失敗して落ち込むこともあります。でも落ち込んでいると、その空気が番組にも伝わってしまいます。いいことなんてひとつもないんです。ですから笑顔は絶やさないようにと心がけています。

ロボットのことが好きであればそれ以外のことはどうだっていい。むしろ変わった人以外はいらない。

【覚え書き|採用方針について】

マザーズやナスダック・ジャパンといった新興の株式市場が誕生し、ベンチャー企業にとっては市場から直接資金を調達する機会が増えました。それはそれでいいのかもしれませんが、日ごろベンチャー企業の育成に努めている者としては複雑な思いです。若い人が金儲けの手段ができたと勘違いして浮かれているという状態は見過ごすことはできません。これでは真のベンチャーは生まれません。

「なぜ、この仕事をやるのか」が明確になれば、より良い方法が見えてきたり、そもそも「やらなくていい」と気づくことも結構ある。

ページの先頭へ