川村隆の名言|日本は島国だから、つい日本の中の評価でもって安心してしまうのが問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は島国だから、つい日本の中の評価でもって安心してしまうのが問題。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

精神論もすべてが悪いわけではありません。日本人には昔から言霊信仰と言われるように、精神論を受け入れやすい心的土壌があります。それをうまく使うコツは、大義名分や男気という要素を加えるのです。大義名分を与えると部下は仕事の内容以上に頑張ることそのものに価値を感じます。

30代に入ったら、「人間は多方面で同時に頑張ることはできない」と割り切りましょう。限られた脳が冴える時間帯は、本当に大事なことに割くしかないのです。

大事なのはコストをかけずにやるということです。できることなら、何かにかこつけたりして、工夫してダダでやる。できることなら、他の会社にやってもらうのがいいでしょう。

親類の者、子供、召使いの者など、いずれに対しても、ことさららしくしばしば小言を申してはいけない。もしも召使いの者たちの怨みが重なるなら、ついには他へ走り、他家へ行って悪事を働くようになる。その源はわれに十分罪があることで、それは聖人の好まないところだ。

他店との競争ではなくて、自分たちが変われないことに問題がある。

メモを取る癖をつけよう。会議や商談の場で、手を動かしていない人は意外に多い。聖徳太子並みの能力を持っているならともかく、それほどでもないと自覚しているなら、メモすることで記憶しよう。

「家庭と会社を両立したい」と自分がわがままを言うことで、誰かに嫌な思いをさせていないか。いつか誰かに嫌われて、大変なことになってしまわないか……。家庭も会社も大切に育てていきたいからこそ、常にそう自問しています。

ページの先頭へ