内田幸雄の名言|変化に応じて当社も変わらなければ、世の中についていけない。

変化に応じて当社も変わらなければ、世の中についていけない。

内田幸雄 の経歴

内田幸雄、うちだ・ゆきお。日本の経営者。「JXTGホールディングス」社長。京都大学法学部卒業後、日本鉱業に入社。ジャパンエナジー執行役員、常務、新日鉱ホールディングス取締役専務執行役員、JXホールディングス副社長執行役員などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本経済が低迷した大きな理由の一つとして、不撓不屈の精神が欠けてきていたからではないか。

稲盛和夫の名言|日本経済低迷の理由は、不撓不屈の精神の欠如


TVアニメは基本的には、スタッフに満足のいくギャラが出てないわけです。監督として、参加してくれたスタッフに対してできることは「やってよかった」と思ってもらうことだけなんです。そうでなくても、最低限の作業で最大の効果っていうのは、演出サイドが一番考えなきゃいけないことなんじゃないかと思う。

庵野秀明の名言・格言|スタッフにやってよかったと思ってもらうことは監督の務め


成長するためには、我々が主導して、社内にある知的資産を集める。あるいは外から技術を持ってきて、新たな価値として提供することが経営陣の役割だと思っています。

長谷川聰の名言・格言|知的財産を集め新たな価値を提供する


結局、自分は自分で助けるしかない。

幸田真音の名言|結局、自分は自分で助けるしかない


経営者を育てるには、社員に経営を経験してもらうことが一番。

稲盛和夫の名言|経営者を育てるには、社員に経営を経験してもらうことが一番。


現在はクラウド、ソーシャルネットワーク、モバイルインターネットの普及により「起業の大衆化」が進んでいます。従来は、多額の借金など強烈なリスクを負ってでも必ず成功を掴むという強靱な意志の持ち主しか起業できませんでした。しかし現在は、言わばバンドを組むようにベンチャーを創業できるのです。バンドはボーカル、ギター、ベース、ドラムがいれば組めますが、同様にプログラマー、デザイナー、営業、会計が集まればベンチャー企業を興せるという感覚です。

孫泰蔵の名言|現在はバンドを組むようにベンチャーを創業できる


「すぐやる」を組織に浸透させるためにまず大切なのは、社員に日々の具体的な仕事を通して理屈で納得させること。先ほど言ったように、なぜ速さが勝負を決めるのか、一秒、一分の遅れがどれだけのコストアップにつながるのかを、繰り返し社員に説明します。近ごろ私が「時間軸」と口にしない日はないし、メールで私が一番多く打っている単語も「時間軸」なのです。きっと、社員は耳にタコができていることでしょうね。

永守重信の名言|耳にタコができるほどに説明する


30代以上で仕事ができる人は頭が柔らかい人です。それまで自分が積み上げてきたものに固執しないという謙虚さなのかもしれません。

安田佳生の名言|30代以上で仕事ができる人は頭が柔らかい人


「あの会社はチャレンジができる」という風評はワーっと広がる。そうするといい人が来る。いい人が来るとさらに、そいつがまた優秀な仲間を引き込むという循環になる。

中西宏明の名言|いい人が来る循環をつくるには


以前は名刺も3000枚ほどあったのですが、ほとんど処分しました。メールを一度やり取りすれば、その人の連絡先は残りますから、ほとんどの場合問題ないのです。ノマドワークスタイルを続けるには、不要なモノを増やさないことも大事なことだと思います。

安藤美冬の名言|不要なモノを増やさないことの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ