野村文吾の名言|まずは小さく始めて、その行動を繰り返し続けることが大切

社員が失敗を恐れず取り組むようにするため、まずは小さく始めて、その行動を繰り返し続けることが大切。

野村文吾 の経歴

野村文吾、のむら・ぶんご。日本の経営者。「十勝バス」社長。北海道出身。小樽商科大学商学部卒業後、国土計画(のちの西武ホールディングス)を経て十勝バスに入社。同社社長に就任。経営再建に成功。また、帯広商工会議所副会頭などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

結果がすべての世界で生きていると、自分への要求はどんどん高くなっていきます。すると、満足できるレースがどんどん減っていく。そのなかで頑張るのは苦しい。1、2年もすれば誰でも燃え尽きてしまいます。大切なことは、自分の外側に目標を置くのではなく、自分の「モチベーションのフック」が何かを知ること。そのためには、まずは自分を観察することです。僕の場合、自分で立てた仮説を検証したり、人をビックリさせたりすることが、モチベーションのフックです。

為末大の名言|自分のモチベーションのフックを見つけることが大切


汗して働くということが、必要不可欠の条件。だから、働く気のない者、ただ手をこまねいていて儲けにだけ預かろうという精神の者に、うちの株はやりたくない。

吉田忠雄の名言|汗して働くということが、必要不可欠の条件


いまの当社に必要なのはマーケティングです。具体的には、ニーズを正確にとらえた製品を迅速に生み出すことです。鉄鋼業界には20世紀まで、セールスという言葉はあっても、マーケティングという言葉はなかったそうです。しかし、今はそれでは通用しません。

林田英治の名言|鉄鋼業界にもマーケティングが必要


消費者を理解すればするほど、国によって違うニーズをくみ取れますし、一番満足してもらえるような製品を提供できるようになります。現場でも、そうした努力は怠っていません。

デビッド・テイラーの名言|消費者を理解すればするほど、ニーズをくみ取れる


仕事を進めていると、さまざまなアクシデントが起こります。たとえば、商品の売上が少し落ちるとか、スケジュールどおりに作業が進まないとか。そういうときに、心のなかにモヤモヤとした異物感のようなものを感じるはずです。大事なのは、その異物感を無視しないで、きちんと考えること。より具体的には、「いま動くとしたら、どんな選択肢があるか」を考えるのです。

斎藤広達の名言|心に異物感を感じたらきちんと考えてみることが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ