野村文吾の名言|まずは小さく始めて、その行動を繰り返し続けることが大切

社員が失敗を恐れず取り組むようにするため、まずは小さく始めて、その行動を繰り返し続けることが大切。

野村文吾 の経歴

野村文吾、のむら・ぶんご。日本の経営者。「十勝バス」社長。北海道出身。小樽商科大学商学部卒業後、国土計画(のちの西武ホールディングス)を経て十勝バスに入社。同社社長に就任。経営再建に成功。また、帯広商工会議所副会頭などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

多くの学生が、自分に自信を持てず、すぐ自分には向いていないと言ってきます。だから好きなことに突き進み、自信を持てるように背中を押してあげたい。

小野日佐子の名言|好きなことに突き進み、自信を持てるように背中を押してあげたい


100年企業を目指し破壊的な変革に取り組む。

井上真一の名言|破壊的な変革に取り組む


子供に対して「この野郎!」と思うことはないわけではありません。でも、そこで怒ったらこちらの思ったことは絶対に伝わりません。まずはクールダウンして、そのうえで何がいけなかったのか、次からどうしたら良いのかがわかる叱り方をしなければいけませんよね。こちらが感情的になってはダメなわけです。

乙武洋匡の名言|叱るときはこちらが感情的になっては駄目


経営者は、矛盾する性格を持っていなければ駄目です。大胆にやるべきときには大胆にやらなければいけないし、不動心を持ち、「動かざること山のごとし」で、じっと耐える力も要ります。しかし、「機を見るに敏」で、即時対応していく変化の速さも要るのです。

大川隆法の名言|経営者は、矛盾する性格を持っていなければ駄目


批評に対して自分を防衛することはできない。これをものとせずに行動すべきである。そうすれば、次第に批評も気にならなくなる。

ゲーテの名言|批評への対処法


経営層にあがってくる情報って、意図的かどうかは別として、ものすごく加工されて、一定の見解が加わっていますよね。でも現場まで降りていくと、実は違うものの見方がいっぱいあるというのを体感しているので、絶対ここまで見に行くと決めています。

田岡敬の名言|経営層が現場に行く意味


社員には自分たちの行動管理手帳の内容を「全員メール」で送ってもらいます。私は毎朝出社すると、必ずそれらを確認します。そうすることは社員にとって大きなメリットがあります。上司である私から仕事を「ムチャ振り」されなくなるからです。目いっぱい仕事が詰まっているのがわかっていたら「今日は新しい仕事を振るのをやめておこう」という気持ちになります。それで社員は自分のペースを乱されることなくスムーズにタスクをこなしていけるようになるのです。

吉山勇樹の名言・格言|社員にスケジュールを毎朝提出させるメリット


努力は大切だけど、決して努力が万能ではないということも知っておかなければいけない。いくら努力してもダメなときはダメ。努力ですべてが解決すると思うのはおこがましいこと。

矢野博丈の名言|いくら努力してもダメなときがあることを忘れない


私は仕事の計画を3年周期で考えています。これは投資家の周期と同じ。1年目は、とりあえずたくさんのものに時間を投資していろいろなことを試してみます。2年目は、その中でうまくいったものにドーンと大きく集中投資する。3年目は投資を回収します。

瀧本哲史の名言|計画を3年周期で考える


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ