伊丹敬之の名言|打たれたそばから2軍に落としていたら、エースなんか育たない

プロ野球でね、ノックアウトされた投手を次の試合でも使うんですよ。「俺はお前を信頼してるぞ」と。打たれたそばから2軍に落としていたら、エースなんか育たない。

伊丹敬之 の経歴

伊丹敬之、いたみ・ひろゆき。日本の経営学者。愛知県出身。一橋大学商学部卒業、一橋大学商学研究科修士課程修了、カーネギーメロン大学経営大学院博士課程卒業。一橋大学商学部専任講師、スタンフォード大学経営大学院客員助教授、一橋大学商学部教授・学部長、東京理科大学大学院イノベーション研究科長・教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスにつながるものばかりではないのですが、これから先を考えると人脈やご縁があってこそです。そのご縁の質・量がマザーズ上場で上がり、東証1部でさらに太くなった感じがしています。

森雅弘の名言|上場で得たもの


サービスが勝負を決します。我々が扱っているのはプレミアム商品ですから、勝負するのは価格以外のところです。例えば、ヤナセは提携先も含めると全国に300カ所以上の拠点を持っているので、何かあった時はブランドを問わず最寄りのヤナセの拠点に飛び込んでいただけるようにしています。また、店舗が閉まっている時も、夜間休日コールセンターが電話で対応するようにしています。

井出健義の名言|勝負するのは価格以外のところ


上海というところはいいな。隣近所のお付き合いはせんでいいし、親類の連中は来んし、俺は考えたいことを考えていたらいいんじゃ。こんないいところなら、もっと早くに来て、もっと早く自動織機の完成をやればよかったと思うな。
【覚書き|豊田紡織会社が上海に進出したころの発言】

豊田佐吉の名言|集中して考えられる場所の良さ


「失敗は成功のもと」というよりも、失敗して、その失敗から何かを学ぶことができれば、次に成功する確率が高まる。「学ぶこと」が「失敗を成功に変えること」に結びつく。

工藤公康の名言|「学ぶこと」が「失敗を成功に変えること」に結びつく


お客さまリストのデータ整理を怠ると、情報の正確性、新鮮さが失われてしまう。

井出健義の名言|お客さまリストのデータ整理を怠ると、情報の正確性、新鮮さが失われてしまう


他人を傷つけねばならぬ場合には、その復讐を恐れる必要のないほど、痛烈にやっつけておかねばならない。

マキャベリの名言|相手をやっつけるときは徹底的にやる


経営は必ず数字で結果が表れる。現状がしっかり把握されていて、戦略が明確かつ戦術が実践的であって、あとは遂行力が発揮できれば、最終的に計画したその数字が達成できる。

古森重隆の名言|経営は必ず数字で結果が表れる


せっかく採用した新人が思うように働いてくれない。強く言うとむくれて出社しなくなりそうだし、下手すると辞めてしまう。最近、企業の人事担当者ばかりでなく、部下を持つ30代、40代の管理職の人たちからもこういう悩みをよく聞く。そういう場合、私はこう答えるようにしている。飲食業、たとえばマクドナルドのアルバイト育成法に学んだらどうでしょう、と。

見舘好隆の名言・格言|他業種の社員育成法を積極的に取り入れる


体型維持には、家事をしながらできるストレッチを行っています。ジョギングなどをしている時期もありましたが、一度目標を達成してしまうと、続けるモチベーションを失うことが多いのが悩みの種でした。そこで、思い出した時にできる方法に変えたのですが、それ以来、日々続けることができています。

ゆうようこの名言|思い出した時にできる方法に変える


何かプロジェクトを始める時、僕が必ず考えていることは、「その仕事は新しいか」「その仕事は自分にとって楽しいか」「その仕事は誰を幸せにするのか」という3点。なかでも重視しているのが、3番目の「その仕事は誰を幸せにするのか」です。

小山薫堂の名言|重視しているのが、「その仕事は誰を幸せにするのか」


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ