山本悟の名言|不特定多数に向けて漠然と発信するより、特定の層に向けてメッセージを絞り込む方がずっと効果的

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページの制作を制作会社に頼む前に、あなたが誰に商品・サービスを提供するのか明確にしておきましょう。ホームページやブログを作る際には、不特定多数に向けて漠然と発信するより、特定の層に向けてメッセージを絞り込む方がずっと効果的。取り込みたい顧客の年齢・性別・収入・家族構成などをできるだけ具体的にイメージしておけば、ホームページ全体の方向性も明確になります。


山本悟(ITコンサルタント) の経歴

山本悟、やまもと・さとる。日本のITコンサルタント。「ドリームハイブ」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)電気電子科卒業後、ドリームハイブを設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕はわりと言いたいことを言うほうですが、日本社会ではこういう人間はどうしても風当たりが強くなる。自己主張が下手なのは必ずしも悪いことではないですよ。

これまで私達は「コンラッド東京」や「シャングリ・ラ・ホテル東京」、「ウェスティンホテル仙台」などを誘致しており、特に相手を決めずに、その場所やプロジェクトに合ったパートナーを選ぶことにしています。今後も特定の相手とのみパートナーシップを結ぶ考えではありません。

世界中で反グローバリズムの傾向が強まる中、経営者として、どんな状況、どんな世界にも、対応できるようにしていきたい。

すべての営業プロセスの中で「ゴールの確認」は最も大事なスキルです。にもかかわらず、多くの営業マンが見落としているポイントでもあります。「挨拶だけしてくる」「とにかく会ってもらう」といったあいまいな状態でお客様と対面し、何も成果なく帰ってきた、という経験はないでしょうか。その都度ゴールを決め、次につながる布石を打ってこそ商談は前に進むものなのです。

どんなジャンルでも、実力者の胸を借りるときには、その人に気に入ってもらえるような言葉づかいや行動をすべきです。これは阿諛追従(あゆついしょう:好かれようと媚びへつらうこと)ではなく、自分の力を高めていくためのひとつの方法です。相手をいい気持ちにするのが、すべての人間関係の基本なのです。

小手先のマネジメントにとらわれることなく、自らの経験と勘、そして度胸で新しい事業を起こしていくことを促したいものです。そういう私も大手コンサルティング会社を最近辞めました。マネジメント信仰を捨て、ビジネスに挑戦する必要性を痛感したからです。

「アフターサービスの現場の意見を製品開発に役立てなさい」と指示するだけでは、開発・企画部門の担当者が耳を貸さないことも出てきます。これを防ぐための罰金制度に似た社内取引ルールがあります。顧客からの修理依頼や問い合わせの件数をすべて金額換算し、それを事業部の利益から負担させるというものです。問い合わせが多いというのは、それだけ製品に何かしらの問題があるということです。修理依頼や問い合わせ件数が増えると、その分だけ事業部の利益が減ります。「デザインが良くて売れればいい。アフターサービスなど関係ない」は当社では許されません。

ページの先頭へ