山本悟の名言|不特定多数に向けて漠然と発信するより、特定の層に向けてメッセージを絞り込む方がずっと効果的

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページの制作を制作会社に頼む前に、あなたが誰に商品・サービスを提供するのか明確にしておきましょう。ホームページやブログを作る際には、不特定多数に向けて漠然と発信するより、特定の層に向けてメッセージを絞り込む方がずっと効果的。取り込みたい顧客の年齢・性別・収入・家族構成などをできるだけ具体的にイメージしておけば、ホームページ全体の方向性も明確になります。


山本悟(ITコンサルタント) の経歴

山本悟、やまもと・さとる。日本のITコンサルタント。「ドリームハイブ」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)電気電子科卒業後、ドリームハイブを設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社の本来の強みは特定の分野にあるのではなく、様々な業種、業界で「こういうものを待っていた」という製品を開発し続けるところにある。

商品や価格では差別化がむずかしい時代になりました。「人」の力が最大の武器になりますが、これに磨きをかけるのは莫大な資金力を要することではありません。つまり、小・中規模企業にも、大企業より優位に立つチャンスがあるということなのです。ただし、莫大な資金力を要求しない代わりに、経営者をはじめ、関わる人たち全員の覚悟と真心と辛抱強さを要します。

大事なのは、1つでも構わないから、「恐らく(きっと)~ではないか」という考察を入れること。単なる「知っている」だけで終わってしまうと、たとえ流れを察知してもそこまでです。自分なりに本質を見抜こうとする努力が必要です。

「メンタルの強さ」は、経験の量に比例する。最初は辛いと思った仕事でも、繰り返すうちに慣れてくる。失敗を多く積み重ねた人ほど、その経験を糧にして後に良きリーダーになることもある。

私は決断力を高める研修の中で、これまでの人生でしてきた決断をリストアップしてもらうことがあります。誰でも大なり小なりさまざまな決断をしてきています。その決断に比べて、今あなたが悩んでいるのは、どれくらい難しい決断か。過去の経験と照らすと、客観的に見えてきます。

(NPOを立ち上げた理由は国連での)活動の限界というか、もどかしさみたいなものですね。何かしようとする時に、いろんなプロセスが必要で、そこに不必要なお金や時間がかかっていたりする。もっとストレートに、困難にある普通の人たちの生活が改善できる手立てはないものだろうかと。

午前中と夕方、脳には1日2回のゴールデンタイムがあります。このゴールデンタイムを逃さず、1日で最も困難な仕事を当てはめれば、効率はグッと上がります。人や職種によって異なるでしょうが、高度な理解力や判断力が必要な仕事、ミスできない計算や文書作成、重要な交渉事などがそうですね。

上場を目指しているのに、上場前に外車などを乗り回す社長はもってのほか。

私の最初の上司はものすごく優秀な人だった。僕は開発製造部門でソフトウェアの開発をやることになったのだが、ある日、ユーザーから新しいシステムを開発してほしい旨の依頼が舞い込んできた。忘れもしない。僕がユーザーに出す回答書を見て、そのものすごく優秀な課長はこう言ったものだ。「山元、こんなレベルでいいのか」そして、僕の回答書をポイと引き出しの中に放り込んでしまった。こんな頭の切れる上司を苦手に思う人は多いだろう。しかし僕のモットーは「いかに楽しく過ごすか」だ。この日以降、僕の楽しみはこの上司になんとかして「山元、やるな」と言わせることになったのである。

批判されるのはつらい。でも、困難に打ち勝つことこそが、冒険家という仕事の役目です。

ページの先頭へ