山本悟の名言|ネットやITを使って自動化・効率化を

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社を維持するには、新たな顧客を集め、商品やサービスを販売し、アフターフォローをしっかり行わなければなりません。独立直後の人手が足りない時期に、それらすべてをこなすのは大変でしょう。しかしネットやITを活用すれば、かなりの部分が自動化・効率化できる。


山本悟(ITコンサルタント) の経歴

山本悟、やまもと・さとる。日本のITコンサルタント。「ドリームハイブ」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)電気電子科卒業後、ドリームハイブを設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

他人がやるから自分もやるのではなく、先を読んだうえで、これが必要になるからこれをやる、独自性のあるものを見つけよう。他社と差別化するためにはオリジナリティが必要。

技術的に優れているだけでは、優れた発明ではない。他人が欲しがる技術が優れた発明なのだ。つまり重要なのは、有用性だ。有用性を持った発明をつくりださなければならない。

瞬間、瞬間に何が必要かを考え、必死にやってきた。その積み重ねが今日をもたらした。

中小企業の経営から始めた私は、「赤字を出してはいけない」という考えが体に染み付いています。中小企業は赤字を出したら簡単に潰れてしまいますからね。中小企業の経営者は収入が減ったらそれなりに支出を減らし、何とかして収益を上げることを考えます。しかし大きな企業は、1度や2度の赤字では潰れません。当事者意識を持ちにくい。経営者も従業員もいつしか、赤字に慣れてしまう。

京セラは確かに大企業だが、実際は事業体ごとの中小企業の集合体で、それぞれは零細企業と言ったほうがいい。だからこそ、安く買うことを一生懸命に繰り返しているのだ。

会社というものは時代のニーズに合わせて変わらなければいけませんから、ある程度先を見ながらやっていくことが大事。

守りに入っては、選考会よりもいいタイムを世界の舞台で出せるわけがない。

ページの先頭へ