スティーブ・ジョブズの名言|今の自分はiPodのことは全く頭にない

このエントリーをはてなブックマークに追加

今の自分はiPodのことは全く頭にない。
【覚え書き|iPodが大ヒットしたときの発言。その後、iPhoneが発売され爆発的にヒットした】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

青春の特権といえば、一言をもってすれば無知の特権であろう。

リーダーに不可欠な能力のひとつに「メタ認知能力」があります。これは、自分の思考や行動を「メタ(高次)」の視点から俯瞰的に捉える能力のことです。メタ認知能力の高い人は、なにか問題が起きたときにも右往左往せず、「そもそも、なぜこの問題が起きたのか」という視点から解決を図ります。このため集団の中にいると、自然とリーダー的な役割を果たすことになるのです。

40代から仕事で伸びるには、意識的に変わるしかありません。コンピュータのOSを入れ替えるくらいの大転換が必要です。

今後人口減少は避けられません。そこで地方都市が持続性を高めるには選択と集中しかない。

たとえ創業者の夢を尊重するにしても、それでもっていまの社員を束縛することは、ダイナミックな経営に資することなのでしょうか。経営とは、変化、創造の営みであると理解するならば、創業者の夢もまた例外ではなく、常に見直されるべきです。本来あるべき経営理念とは、その会社の日々の経営からほとばしるようなものであり、そのように表現せざるをえないかのようなものです。

映画に参入しても成功するはずがないという声もあったが、映画参入以前に『ある愛の詩』『いちご白書』など、洋画の原作本やノベライゼーションの編集を手がけ、それが軒並みベストセラーになった。その経験から、映画と音楽と出版が「三位一体」として噛み合えば、社会現象を起こせるという確信があったのである。そして、1976年に製作した『犬神家の一族』が大ヒットし、私の確信は証明される。その後、プロデュースから監督、そして役者として出演と、映画をとことん追究した。

これからは世界の各拠点がそれぞれのベストを開発し、それらをぶつけ合って、最終的にグローバルで束ねていくことになる。といっても現地に実力がないとベストは出せない。これから加速して実力をつけさせます。

ページの先頭へ