スティーブ・ジョブズの名言|今の自分はiPodのことは全く頭にない

今の自分はiPodのことは全く頭にない。
【覚え書き|iPodが大ヒットしたときの発言。その後、iPhoneが発売され爆発的にヒットした】

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社における出世ラインは、マネジメントと専門職の2通りです。どちらにしても上に行くほど人数が少なくなり、競争が激化します。上の層は自分の持つスキルが陳腐化すれば他人に取って代わられるため、絶えず勉強してスキルを更新する必要があります。

順風満帆の時であれば、改革はできません。どん底だからこそドラスティックな改革が推進できる。

一過性で何かいいアイデアで当てたとしても続かなかったら意味がありません。こつこつ継続していくことが強い。

最初は前職を辞めた時期に、「ちょっとやってみた」という感じでした。知人の家庭にホストになってもらい、一方でご縁のあった旅行社にゲストを紹介してもらって、試験的に4組のホームビジットをセットしたんです。ゲスト側は大喜びでしたが、気がかりだったのはホスト側の反応。実施後にヒアリングしたところ、意外にも「視野が広がった」とか「外国に対する見方が変わった」など、人間的な成長につながったとの声をいただけたんです。実は私が「ホームビジット」に込めた期待もそこにあったので、これを自分の事業にしたいと思うようになりました。

目は目を見ることができない。指は指を指すことができない。誰でも自分のことは案外わからないものだ。

人材は毎日ノンストップで探すんです。いま、グローバル化するビジネスの中で一番の課題は、優秀な人材をどう見つけるかですから。

全員が前向きで挑戦可能な環境をつくれば、その組織はおのずと成長する。そのためには部下の資質を正しく見極め、評価を決め込まないことが重要。人は常に変化しますから。

技術は大切ですが、そのものを通して、どういう人生、どういうライフスタイルをもたらすかを提供できないと成長はない。

信用したり期待しなければ裏切られることもないのです。それを頭に入れておくと、意外と対人関係は楽になります。

行動に移すためのきっかけづくりを、用意するといいでしょう。たとえば、友達や同僚で、「あいつと飲んだら元気になる、モチベーションが上がる」という人を見つけて、少しやる気が下がったときに、その人と会う約束を入れる。デスクの周りを思いっきり片づける。いらないモノを捨てて、いるモノを並べ直す。これは効果的です。

リコーには三愛精神がある。三愛とは人を愛し、国を愛し、勤めを愛する精神。最初に人がくる。そんな文化だからリストラは大変だったが、リーマンショックなど非常時に甘いことは言っていられなかった。

意識しているのは、消費を揺さぶるようなチャレンジによる他社との差別化。

自分の抱えている問題について、他人に話すと、まったく想像もしていなかった答えが返ってくることがよくあります。それが、凝り固まった思考を解きほぐすきっかけになることがある。

ページの先頭へ