田中健介の名言|トップになったら、より断トツを目指す

トップ企業になれてからも、より断トツのトップになることを目指し、今日まであらゆる点で「向上・改革・改善」に向け継続努力してきたからこそトップの座を維持出来ているのです。

田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

10年前に小説の出版を断られたとき、私はいつか必ずぎゃふんと言わせてやろうと思いました。そもそも「この恨み晴らさでおくべきか」が私のひとつのキーワードです。ダイヤモンド社から本を出さないか、それも小説を出さないかと言われたとき、真っ先に浮かんだ言葉が「ここで会ったが百年目」。ここが私の恨みを晴らすところだと、これまでに蓄積してきたあらゆる知識やテクニックを総動員して書きました。

当社も自社内でエコ活動を積極的に行っています。若い社員たちがポジティブに楽しみながらやってくれていることが何よりも嬉しい。自分たちが会社を創りあげていく気概が芽生えてきたのではないでしょうか。

歴史的に考えても、内閣にとってスキャンダルの軽重はあまり問題ではなく、むしろ、メディアが報じる量によってダメージが決まってしまう。であれば、もしスキャンダルが起きたなら、1回の謝罪会見ですべての事案を公開し、謝罪してしまうことが大事。10のスキャンダルを1回で報道されることと、5のスキャンダルを1回ずつ5回に分けて報道されるのを比べれば、ダメージは「1回で10」のほうが少ないのである。

年商100億円の会社を一つつくるより、年商1億円の会社を100社つくったほうが幸せな人が増えるだろう――。独立以来、私はこう考えて、起業家向けのコンサルティング活動を行ってきました。

日建設計は近年、「ライフサイクルデザイン」という戦略を掲げています。設計だけでなく、川上である事業計画の立案や、建築後のメンテナンス、改修計画まで仕事の範囲を広ける取り組みです。

私たちが決して使わない言葉がある。それは、「それを買うゆとりはない」という言葉だ。その代わりに「どうしたら買えるだろうか」と問いかけてみる。そして、買いたいものを買えるだけの「キャッシュフロー」を生む投資を見つけにいく。

過去と他人は変えることができなくても、未来と自分は変えられる。

相手に伝わらなければ、いかによいメッセージでも価値がない。

応募者の心を動かすのに最も効果があるのは、会社のことを最も熱く語れる経営者の言葉です。中小企業では、経営者が直接面接するからいい人材がとれるといわれています。経営者が直接関わるだけで、採用に対する社内の意識は変わります。

当社は全社的に社会貢献意識を忘れず、王道を歩み続けます。この意識が半端な状態では必ずボロが出て会社が危機に瀕することにもなる。

ページの先頭へ