田中健介の名言|トップになったら、より断トツを目指す

トップ企業になれてからも、より断トツのトップになることを目指し、今日まであらゆる点で「向上・改革・改善」に向け継続努力してきたからこそトップの座を維持出来ているのです。

田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

第三のビールへの流れは止まりません。それがお客様の意向です。「のどごし<生>」は味のバージョンアップを試みて、さらにお客様の指示を伸ばします。さらに、別の魅力を持った商品も出していきます。

松沢幸一の名言|商品の変化の流れは止まらない


社員提案制度によって製品化された商品のひとつに、傷痕を目立たなくする効能がある「アットノン」があります。ある女性社員が自転車で転倒して傷を負った時に、「若い頃はもっと早く治ったのに……」という気づきから商品開発が始まりました。商品化の際は開発担当者の提案が採用されることがほとんどです。ただ、それでも全社員が経営に参画するつもりでアイデアを出さなければなりません。それが開発先行型である小林製薬の原動力となるのですから。

小林一雅の名言|全社員から商品アイデアを募る理由


医薬品の難しいところは、公共性の高さ。製薬会社は、リタ-ンばかり考えずに、利益の出にくい分野の医薬品開発にも乗り出す社会的使命があります。その代表的な例が、子供用のワクチン。採算がとりにくいのですが、子供たちを守るためには踏み出さなければいけない分野だと思うのです。ただ、それを言い訳に、赤字を出すことは許されない。従業員に十分な給料を払い、株主が期待する収益を上げることも必要です。ですから、何に投資するかを決断するのは非常に難しいですね。

中山讓治の名言|公益性と利益を両立させることの大切さ


結果の出せないサラリーマンは、儲けようという意欲が低い。自分の環境は誰かから与えてもらうものだという意識が強く、自分から積極的に何とかしようということよりも、会社や社会、他人のせいにするような話をすぐします。そうした人は自分と意見が合う人とだけで群れて、お互いに癒やし合って終わってしまう。

午堂登紀雄の名言|他人のせいにしないことが大切


いかに分かった気にならないかが、楽しく描けるかどうかの分かれ道。

井上雄彦の名言|いかに分かった気にならないかが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ