加藤シヅエの名言・格言|ボケずに生きる4つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボケずに長生きする方法は4つある。一日三合の牛乳を飲むこと、一日に十分は静想すること、人と話すこと、一日十回は感動すること。ただ長く生きてりゃいいって物じゃないのね。
【覚書き|99歳のときにラジオのインタビューで語った言葉】


加藤シヅエ の経歴

加藤シヅエ、かとう・しづえ。日本の政治家、婦人解放運動家。東京出身。女子学習院中等科卒業後結婚。夫とともに渡米。ニューヨーク・バラード・スクール秘書学コース卒業。貧民街での産児調節運動を啓蒙するマーガレット・サンガーと出会い、日本で産児調整運動を開始。太平洋戦争終結後初選挙で当選し衆議院議員となる。衆院2期、参院4期を務めた。日本社会党員。国連人口賞受賞などを受賞。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自尊心・無条件の愛情・知恵・ユーモア・他人への思いやり・創造性・喜び・知的な思考力。こうしたものに代表される心の健康はすべての人々に生まれつき備わった能力で、人生を前向きにするための道具である。心の健康を呼び覚ますことによって豊かな人生を送ることができる。

健康の維持とは自分の変化に気づくこと。したがって、どんな運動をするよりも、自分の身体の状況を意識することが、健康維持の第一歩。

慢性的に緊張している人は、たとえ何もせず、横になっていても一日中肉体労働する人より多くのエネルギーを使う。

生きがいを持つと、健康でいられる「健康寿命」が延び、幸せになれます。食事や運動も大事ですが、それだけではなく、生きがいも必要なんです。

精神的に安定した人物を特徴づけるのは、主として、その人間が持っている特別な習慣ではなく、むしろ習慣を変えたり、環境の変化に対応したりするときの手際の良さである。融通のきかないひとりよがりで保守的な、何事もじっと傍観するタイプの人間とは反対に、変化に対する心積もりができている人間だ。

生物的な「老化」は避けられない現象ですが、自ら新しいことを始めていれば精神的な「老い」は避けられる。

経営者にとって、会社を経営していく上で健康は大事な要素。フィジカルな面だけでなく、メンタルな面でも健康は大事。

ページの先頭へ