大前研一の名言|企業参謀たるものは、前提条件を疑え。

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業参謀たるものは、前提条件を疑え。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は「日本の農業」という名のでっかい城を攻め落とすつもりです。何年かかけて穴を掘り、城の下まで行って、奇襲をかける予定。一緒に戦う気のある人は僕の会社に来てください。

僕は学校を出たら実業界に就職を求めるつもりでいました。そのときの商科の科長は、僕を日銀に紹介してくれました。しかし、僕の気持ちとしては銀行に入るより、産業界に入りたい。広く銀行が大衆から集めた金を借りて、国に役立つ事業を育成していく仕事はさぞ面白かろうと思っていました。

20代の頃、過労で身体が動かなくなったことがあり、それ以降、健康や食事に気をつけるようになりました。倒れてからは「生きているだけでありがたい」と感じ、自分ができることで世の中に貢献したいと、飲食やリラクゼーションなど、店舗を中心としたビジネスプロデュースを手がけています。

当社は会社設立以来、売れる商品をつくるのではなく、良質な商品をお客様に提供することを徹底してきました。そうした甲斐あって、とくに贈答品用の子供服として高いブランド力を持てるようになり、今日の当社があるのだと思います。

当社には、「アフロの日」というのがあります。その日は、スタッフ全員がアフロヘアのかつらをかぶることにしています。お客さんもアフロヘアで来店してくれたら、商品を2割引きや3割引きにします。普通のファッションショップは、カッコよさ、カワイさ、オシャレさを極めていきますが、ぼくたちはオシャレさではなくて、アホを極めていこうと。それで、他社との差別化を図ろうと考えたんです。

リコーには三愛精神がある。三愛とは人を愛し、国を愛し、勤めを愛する精神。最初に人がくる。そんな文化だからリストラは大変だったが、リーマンショックなど非常時に甘いことは言っていられなかった。

途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ。

ページの先頭へ