大前研一の名言|企業参謀たるものは、前提条件を疑え。

企業参謀たるものは、前提条件を疑え。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一流選手がプレッシャーに強いかというと、そうでもないですよ。結局、どんな人でも自分の大きな願いが叶いそうになると、ひるむものなんです。だから、本番は普段の実力からたいてい目減りする。でも、それは仕方ないですよ。目減りしても結果を出せるように、普段の実力を高めておくしかないんです。

社員の現在の力量ばかりでなく、伸びしろを見るようにしています。

リーダーは問題の根源に対して手を入れて行かなければならない。

最初の数年間は給料も取れなかったですね。創業時は確かに大変でしたが、それは仕方のないことです。なぜならまだ十分に知られていないのですから。

与えられるのを待つのではなく、勝ち取ろうと前に出ていく姿勢、積極的に人生のハリや生きがいを求める生き方こそが、生涯現役の生き方だと思います。

父はほとんど個人の力量で事業を推進してきました。同じようなことが私にできるかというと、とてもできない。そこで私は、組織の力を高めることによって会社を経営していくという選択をしたのです。

何がセクハラに当たるのか、いまだに多くの男性は無頓着。たとえ悪気はないとしても、「君はいつ結婚するの?」なんていったら即アウトです。「そんなつもりじゃなかった」が通用しないのがセクハラの厄介なところだと心得ましょう。

私は若いカメラマンには「現場で喧嘩するな」と教えています。喧嘩をすると神経が高ぶって、いい写真が撮れないからです。

自ら労して自ら食うは、人生独立の本源なり。

「大企業出身者が地道な仕事をどこまでやれるか」という疑いを解くため、まず自分で豆腐を作れるように、深夜まで職人さんと修業した。
【覚書き|雪印を辞め、妻の実家の相模屋に入社した当時を振り返っての発言】

ページの先頭へ