大前研一の名言|異質が集まるからこそ、エネルギーが生まれる

異質が集まるからこそ、エネルギーが生まれる。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下には常にこういった。「テニスでいえば、自分側のコートにボールを置くな。常に打ち返し、次のところにボールを投げろ。ビジネスは時間軸が重要だ」。私自身、若いころは上司からそのような使われ方をしてきた。ボールは自分のところに溜めず、すぐ打ち返す。それが、忙しいなかで自分の時間をつくる最も有効な方法だった。

グローバルエリートは何か特別な習慣を持っているわけではありません。取り組んでいること自体は極めて普通のこと。しかし、その凡事を徹底しているからこそ、彼らは世界で活躍できている。逆に言えば、多くの人は凡事を軽視しているために、その潜在力を発揮できていないということ。

雑貨を充実させているのは、家具は頻繁に買うものではないので、来店頻度を上げるには雑貨が必須アイテムであることがわかったからです。そうやってアイデアを形にしていくときの判断基準は、あくまで作り手でなくお客様の視点を置く。あらゆる判断場面で、そこに立ち返ることを大切にしてきました。

我々人間には、根っこのところに倫理がないといけない。

条件を変えて、考えるのも有効。たとえば、新商品をつくるとする。人間はつい、自分がほしいかどうかで判断してしまいますが、子どもや高齢者、地方に住む人など、自分以外の視点で、売れるか売れないかを考えるのです。

挑戦者はいずれはチャンピオンになる。

社員教育ではまず「自分が幸福になるためには、何をするべきか」を徹底的に教え込みます。それは、一生懸命、一心不乱に仕事をやることにもつながります。ただ、その過程で大事なことは、ゼニ、カネばかりを追うなということです。

飲食は唯一、小が大に勝てる。たった5席の店で隣に500席のラーメン屋が開業したとしても知恵を駆使できる人材がいれば勝機は必ずある。

結果だけを見て自分を責め、「自分がダメだから出世できないんだ」「自分に能力がないから数字を上げられないんだ」と考えないこと。そういう考え方はもう払拭したほうがいい。これまで生き延びて来られた自分のスタイルに誇りを持って、誠実に仕事をすればいいのです。

少子高齢化の変化は、我々にとってむしろチャンスです。なぜならネスレは食品・飲料だけでなく、栄養・健康・ウェルネスへと事業分野を広げているからです。スイス本社では基礎研究の成果を生かし、ネスレは世界で10万品目以上の商品を販売しています。今後も日本に合った商品を積極的に投入していきます。

ページの先頭へ