大前研一の名言|答えがない時代に必要なこと

どこにも答えがない時代に、私たちは生きている。ならば、今までの常識を疑い、新たな答えを探し出さねばならない。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私どもの今年度の活動のキーワードは「Re・元気(元気回復)」です。人とのつながり(Relation)、信頼できる確かなもの(Reality)、リフレッシュ(Refresh)、といったいまお客様がお酒に求めている価値観をご提案することで元気回復に貢献していきたいと思います。

よく起業決断の理由を聞かれますが、恋愛と同じような感覚です。今の仕事よりも魅力的なものが見つかったから、そちらを選んだだけ。

世の中に賢人や聖人の語を学んでいる者が多いが、たとえそれを学んでも、また、詩文を読んでみても、その人の心が偏屈であるならば、決して真の学習をしたとはいわれまい。

自分の失敗を分類し、抱いた感情を客観的に確認する。こうして見える化するだけで、気分がぐっと軽くなるはず。

私はオムロン社内で健康事業が長く、制御機器業界に詳しいわけではない。だから、宮永IAB社長から新製品をやめたいと最初に言われた時は、さすがに多少は驚いた。だが、制御機器のことをよく知らない分、そこで常識とされてきたことを疑う感覚には少し自信がある。

危機に耐える力、これが大事。この危機耐性力プラス進化力。単に変化だけでなく、危機をバネに進化する力が必要。

今はオープン・イノベーションの時代だと思う。資本関係があるなしにかかわらず、世界中でベストパートナーと組んでやっていかないと世界競争には勝てない。

今まではどちらかというと商品ありきの営業スタイルになりがちでした。売る方が商品戦略を決めて、ワッと一斉に同じことをやる。営業上もその方が楽です。でもそれじゃ多分通用しなくなります。グローバル事業と同じ、国内もこれからは顧客ニーズありきです。お客様の年齢やバックグラウンドに応じたきめ細やかなサービスを提供していかないと。

たしかに、一流になっている人には共通点がありますね。彼らは才能があり、競争を楽しみ、その瞬間瞬間に集中することができます。彼らにとって大事なのは常に「いま」なのです。だから、過ぎ去ったことを忘れるのが上手だし、将来に対する不安も抱えない。やはりそれは、現在に集中しているからこそ可能なのです。

管理職だけができる、仕事を面白くする方法をご紹介します。それは、「ビジョンをつくる」こと。ビジョンとは、「みんながワクワクする、近い将来の組織のありたい姿」です。仕事をつまらなくしている要因に、仕事の意味が見出せない、ということがあります。自分の仕事が何のためにあるのか、誰が喜んでくれているのか。売上など、目先の利益だけが先行すると、人はワクワクしないのです。

ページの先頭へ