大前研一の名言|同じ意見の人といくらつるんだところで何も生まれない

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ意見の人といくらつるんだところで何も生まれない。自分の意見に対して、「それ、違うんじゃない?」と指摘してくれる人こそが重要。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

とにかく多くの方に支えられ、かわいがられて、ここまで来ることができました。その恩を返すためにも、若い人たちに夢と希望を与えるようなことをしていきたい。これは私のライフワークになっています。

新しいライフスタイルを作り出すことが、非常に大きなビジネスチャンスになる。

緊張したら「プレゼンを聞かずに損するのは聞き手の方だ」と思い出す。そもそも聞き手は何らかの課題を解決したくて、企画のプレゼンを頼んでいるわけですからね。立場が強いのはプレゼンター。緊張する必要はないんです。「聞かずに損するのは相手」とメモっておき、緊張しそうになったらチラリと見たっていい。それだけでも、ふっとリラックスできます。

私には指針にしていた教訓がある。人は「できる」とか、「したい」と思う分だけ実現できるものだ。

私は売上だけが世界一の指標になるとは思っていません。三越伊勢丹グループが目指すブランドの指標としては、わざわざ足を運ぼうとしてくださるお客様が多数いること。世界中のどの百貨店にも真似のできないことを実践していること。どのカテゴリーであるかは別として圧倒的な強みがあること。こうした視点が必要であると考えています。果たして、これらの視点でも世界一と言えるような百貨店になっているでしょうか。まだまだそうとは思えません。

リーマンショックの時は、2008年の後半から翌年の春まで受注高が急減。ある月の受注額は前年の半分くらいに落ち込み、工場では余剰人員も生まれました。本当につらかった。どちらの時も稲盛が作った経営理念が支えになりました。

私の経営者の理想は、ジャニー喜多川さん(芸能事務所ジャニーズの社長)です。あれだけ商品であるタレントが売れているのにもかかわらず、社長は一切発信しないし、どんな容姿なのか一般の人は知りません。当社は音楽情報を売りにする会社ですから、信憑性のある情報を的確に配信していくことが第一義です。あまり社長が派手に振る舞うと、データの信憑性が疑われます。

ページの先頭へ