大前研一の名言|同じ意見の人といくらつるんだところで何も生まれない

同じ意見の人といくらつるんだところで何も生まれない。自分の意見に対して、「それ、違うんじゃない?」と指摘してくれる人こそが重要。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

相手が指した手に対して考えるのは大きくは3点。まず王道の手であるのかどうか、2点目は意表を突いた勝負手なのか、そして3点目は、その手の裏に鋭い狙いが秘められたものかどうかです。この3つのパターンを繰り返し読み、対応します。

売上げ予測を大きく下回る商品は、少々の修正ではリカバリーできません。ならば、振り出しに戻すのが一番です。

二人とも歳を取ったし、昔は仲が良かったじゃないか。仲違いしたまま墓場まで持って行く話ではないだろう。
【覚え書き|仲違いしている知人たちの仲裁をしたときの発言】

一流のアスリートは幼少時代から夢や目標をしっかり持っています。だから、今やるべきことが見えて、そこに集中できる。目標を意識しなくても、自然と潜在意識の中で、目標を目指す行動が取れるようになるわけです。

「応援したくなる会社」になることが目標です。

新しいことをやるのにはリスクがあります。でも、やらないリスク、機会損失が本当は一番痛いんです。これは決して現代だけの話ではなくて、リスクをとってチャレンジすることは、世の中を発展させるうえで最も大切なことです。ソニーだって、かつてはモルモットと言われたくらい、他社がやらないリスキーな商品開発をしていました。その姿勢が人々を魅了したのです。

「社員からいい知恵が出てこない」と経営者が嘆くのは間違い。アイデアは、危機感がないと出てこないものだからです。「ここで一発、ドーンとやらないと、会社が危ない」という恐怖を身に染みて感じられるトップが、一番いい案を思いつけるはずなんです。

理想的な政治リーダーには3つの力が必要です。

  1. 自分の目で将来を洞察する力。いまの政治家には自分の目で見ず、自分の頭で考えず、誰かの話を聞いて、それをさも自分の意見のようにしてしまう人が多すぎます。
  2. 自分の言葉で利害関係者を説得できる力。そのためには魅力的かつ説得力のある話し方ができなければなりません。
  3. 最後が組織にインセンティブを与え、動かす力です。

私も請負工事費をギリギリの線で押さえるので、業者からよく泣きつかれたことがある。しかし私は応じないことにしている。それはたとえ、金額を上げても、その分だけゆったりした気分となり、余計な金がかかるからである。「ギリギリの予算だ」というところで、請負業者も「損をするまい」と必死になるのだ。工事費を上げるのは、すべて終わってからのことである。これが私の行き方である。

たばこという商材は、景気変動の影響を受けにくいという業界の定説、ある種の常識がありました。しかし、リーマンショック後に、西欧を中心にダウントレーディング、つまりは値頃感のあるたばこにお客様がブランドを切り替えるという傾向が初めて見られました。

ページの先頭へ