大前研一の名言|全員一致の意見はむしろ怪しい

世界中で活躍するユダヤ人は、「全員一致の意見はむしろ怪しい」と教え込まれる。大勢に流されがちな日本人は、大いに参考にすべきだろう。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

モチベーションは一時的に高まればいいわけではない。それをいかに継続するかが重要です。そこで必要なのが、仕事を好きになることと、プライドを持つことだと考えています。

植木義晴の名言|モチベーションを維持するために必要なこと


米オープンフェイント買収は結果的に失敗になりましたが、決して無駄な買収とは思っていません。それまで、我々はカリフォルニアの会社を経営したことはありませんでした。買収後のマネジメントもうまくできなかったと思います。価値観の違いもあって、すぐに社員が辞めてしまうことも多々ありました。ですが、ここで学んだことが大きかった。その後、米ゲーム制作会社のファンジオを買収することになるのですが、そこで培った経験を生かすことができました。今、彼らが制作したゲームは買収直後と比べて売上高が5倍、10倍に伸びています。

田中良和の名言|失敗の経験が糧となる


未練たらしいというか、逃げるのがいやで、「もう駄目だっていうところまでやらせてくれないかな」と言ったら、スタッフも「いや、まさしがそうと決めたら、行くとこまで行こう」と言ってくれて。歌って稼ぐしかない! と動き出したんです。不渡りも出したし、もう自転車操業もいいとこでね。
【覚え書き|ドキュメンタリー映画『長江』で28億円の借金を背負ったときを振り返って】

さだまさしの名言|もう駄目だっていうところまでやらせてくれないかな


経営の視点からいくと、「厳しい」と言っていても何にもなりませんので、その中でどういうチャンスがあるかをきちんと考えて、良い商品を出すことが課題。

原田泳幸の名言|どういうチャンスがあるかをきちんと考える


部下がどれだけ売上げを上げられるかどうかを、上司は見ている。意識するしないにかかわらず、結局お金という物差しで相手を計っているんです。実際、仕事ができる人ほど、上司や部下、取引先など、ビジネス上の関係を、シビアにお金で換算する目を持っています。

佐藤優の名言|仕事ができる人ほど、上司や部下、取引先など、ビジネス上の関係を、シビアにお金で換算する目を持っている


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ