大前研一の名言|全員一致の意見はむしろ怪しい

世界中で活躍するユダヤ人は、「全員一致の意見はむしろ怪しい」と教え込まれる。大勢に流されがちな日本人は、大いに参考にすべきだろう。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

面白いだけでなく、みんなでコミュニケーションが取れるものをつくりたかった。もともとミクシィは、SNSというコミュニケーションを重視してきた会社です。みんながスマートフォンを持っているのだから、一緒にゲームをやれば楽しいのではないか、というところから入りました。

夢を抱き、実現するためには4つのことが大事。「計画」「緻密さ」「徹底して学ぶこと」、そして「思い」。この4点は当たり前のことばかりだが、それを徹底する中で大きな夢が育っていく。

競合がいるので価格が高くては売れない。しかし企業向けのBtoBビジネスで、顧客の商品の製造コストに占める割合は2~3%程度。それほどシビアな値下げを求められることはなく、競合に比べて価格が5%や10%高くても買っていただける顧客はいる。だから価格はリーズナブルでなければならないが、必ずしもライバルの下を目指すような値決めをいつもするわけではない。

価値のある媒体に、読者やクライアントは集まります。同じように、価値のある仕事をしていれば、自然と多くの人が集まるのではないでしょうか。

若いビジネスパーソンのお金の使い道で最も重要なポイントは、自己投資とその効率です。「これで本当に生きた使い方になっているか」「将来につながる投資か」と考える癖をつけるようにしましょう。そうすれば、お金を「人生を充実させる道具」に変えることがきっとできるはずです。

ゴールから逆算して考えることが何よりも大切。

全員揃ってする挨拶は、職場の雰囲気を良くする。アイリスオーヤマにとって一番大事な「企業理念」や、効率的なコミュニケーションに役立つ「報・連・相10か条」の確認もできる朝礼は、ムダではない。「朝起きたら、顔を洗う」のと同じくらい当たり前にやることで、欠かせないものです。

チャレンジしない会社は生き残れません。失敗しても減点はしない。むしろ加点して金一封出すことで、絶えずチャレンジする社風を育てています。

ユニバースの極めて高度な経営はかねて注目の的でした。統合で規模のメリットを求めるよりもむしろ、ヒト、モノ、カネ、さらには運営技術の集積を通じて足らざるを補い、余計なものを切り捨てることで互いの意見が合致しました。
【覚書き|北東北の食品スーパー「ユニバース」と経営統合したことについて語った言葉】

経営者にとって一番大変なのは断行、実行することで、さらには成功しなければならない。成功しない人はリーダとは言えない。

ページの先頭へ