大前研一の名言|全員一致の意見はむしろ怪しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中で活躍するユダヤ人は、「全員一致の意見はむしろ怪しい」と教え込まれる。大勢に流されがちな日本人は、大いに参考にすべきだろう。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分がマネジメントする側にたつと、目の前の仕事の、何からとりかかるか常に選択を迫られます。僕自身は何であれ「決めてしまう」ことを重視していますね。たとえばあるアイデアについて「この会議で一度決めよう」といって、今のところの結論を出すんです。早く決めた分、時間はまだあるのだから、結論を出したアイデアについて前向きにより良いものを考えていく。さらに良いアイデアが出たらアップデートすればいいんですから。

トップダウンで会社の規模拡大を目指すのとは異なる実験的な取り組みを行いたいという思いから、出社義務はなくルールも作らないなど、社会へ影響を与える新しい経営の在り方を目指しています。

私は時間があれば、野山の花や鳥をスケッチしています。絵付けのデザイン探しのためです。30枚、40枚とデッサンします。そのデッサンをもとに陶磁器に絵付けしていくわけです。常に時代の生活に合う作品を創作するよう努力してきたつもりです。親父が「伝統とはとどまるものではなく、流れるものだ」と言っていたのは、そのことを表現した言葉でした。

私は、優秀な人間ほど(オフィス勤務から解放し)野に放った方が、もっといい仕事をするものだとさえ思っている。制度改善で優秀な人間が効率よく成果を出せるようになるのに、成果を出さない人間を念頭に置いて何かを変えることに後ろ向きになるのは、実にもったいないことである。

社員は経営者じゃないですよ。まずは自分からやらなきゃ。

1人が30人と連携して仕事をすれば、結果的に30倍以上の仕事ができます。組織力ではなく、ネットワーク力で中小企業の経営改善に取り組んでいます。

これを作るのに指導者や生徒にどれだけ話を聞きましたか?
【覚え書き|教材開発の担当者への言葉】

ページの先頭へ