大前研一の名言|「正しいことは一つもない」という前提に立つ

日本人が質問する力を身につけるには、まず「正しいことは一つもない」という前提に立つことだ。新聞に書いてあるから正しい、テレビで大学教授が言っていたから間違いない、などとゆめゆめ思ってはいけない。実際、日本の新聞やテレビの報道番組は、誤った情報の山だ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

このタケダという会社が230年培ってきた経営の考えである、誠実をモットーとするタケダイズムは、どんなグローバル化しようと大事にします。それを肌の感覚でわかりながら、グローバルにビジネスがマネージできて、人も使える人材を育てないといけません。

社長に就任してまず手掛けたのが、人事・評価制度の改革です。減点主義を廃してチャレンジを推奨。研究所と営業など、部門をまたいで情報共有に努め、コラボレーションを実現できる人を、高く評価していく。人事部の名称も「人材開発部」に変え、教育を重視する方針を示しました。

チャンスは決して「これはチャンスですよ」という顔をして出てくるわけではない。大きな困難として現れますが、それを克服するからチャンスになる。

緩やかに会員を囲い込むために、サイトで「唐揚検定試験」を掲載しています。合格すると、栄えある「カラアゲニスト」として認定される。出題はサイトを読めば答えが分かるレベルですが、それだけでは話題にならない。そこで、私の独断と偏見で、議論が起こりそうな問題を考えます。例えば「皆で唐揚げを食べるマナーとして、レモンをどうかけるか」。「全部の唐揚げにかける」「各自が取り皿に絞る」などの選択肢に、ネットの掲示板などで「かける派」「かけない派」に分かれて議論が始まり、盛り上がる。

自分と違う特性や能力をもつビジネスパートナーを見つけるには、まずは自分のことをわかっていなければならないのは言うまでもありません。自分は何が得意なのか、また何が苦手なのか。それらを理解したうえで、自分に足りない部分を補ってくれる相手とチームを組むのが理想です。自分の得意分野や苦手分野については、これまでの成功や失敗の経験を振り返ればおのずとわかってきます。

社員みんながコツコツやってくれたことが花開いている。

富士フイルムでは30~40代の若い社員を、東南アジアのようにこれから発展する海外の現地法人トップとして派遣している。小さい組織ながらも、社長になると何もかも自分の責任でやらなければならない。売り上げ達成から事業のコントロール、マネジメントに至るまで自分で考えて決断を下す。当然ながら、決断には責任が伴う。彼らは少しの間で見違えるようにたくましく成長する。

未来工業のスローガンは、「常に考える!」ですが、「常に考え、自主的に働く」ことは、本当に大切です。これを習慣化できれば、それだけでミスや失敗は大幅に減ると思います。「常に考える!」というスローガンを社内のどこにいても必ず目につくように貼っています。

幸運か不運かにかかわらず、運のイベントは必ず起きます。重要なのは運イベントに遭遇したときにどう対応するかです。目指すべきは運から最大の成果を引き出すこと、つまり「ROL(運の利益率)の最大化」です。これは運そのものとは全く別の問題です。

富士通では、ハードウェアの部署に2年程、そのあとCRMの部署に2年程いました。働いているうちに、大きな会社なので大変だとは思いますが組織運営がもっと効率よくできるのではないかなと思い始めました。特に、営業と開発の部署でうまく連携すればよりよいものが作れるのにと思っていました。

ページの先頭へ