大前研一の名言|「正しいことは一つもない」という前提に立つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人が質問する力を身につけるには、まず「正しいことは一つもない」という前提に立つことだ。新聞に書いてあるから正しい、テレビで大学教授が言っていたから間違いない、などとゆめゆめ思ってはいけない。実際、日本の新聞やテレビの報道番組は、誤った情報の山だ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

教える側が熱意を持つのは当然として、それをいかに伝えるか。選手が悔しさを感じている時など、こちらの言葉が染み込みやすくなるチャンスを逃がさないことが大切。

今も変化の真っ最中ですが、今後はこれまで成功してきた分野ほど、今まで蓄積してきたものを大胆に捨てるような決断が経営者には求められるようになる。

一番重要だと考えているのは、実際に遊びお金を払ってくれる可能性があるアクティブユーザーの数。この数は今も堅調に伸びています。累計2000万というダウンロード数に注目が集まりがちですが、実はアクティブユーザー数も1000万以上に達しています。今後は、アクティブユーザーの興味がわくようなイベントなどを提供していく必要性を感じています。

マガシークのサイトリニューアルをした理由は市場の変化に対応し、新たな顧客を取り込むためです。2000年に、女性ファッション誌に掲載されている商品がネットで購入できるECサイトとしてスタートしました。ところがこの10年でファッションは多様化し、雑誌の影響力も変化しました。いま、お客様が求めているのはどんなサイトなのか、その具体的なコンセプトづくりからはじめました。

旅に出ることは、自分自身を少し広い視点で捉えることができる良い機会。

日本企業のマーケティング力が弱い原因は、労働力の質が高く、国内市場の規模も大きかったからだ。日本のモノ作りの生産効率は世界で最も高く、製品のコスト競争力が十分にあった。高度経済成長期には人口が年平均100万人のペースで増えていた。これらのおかげで日本企業は、1945年の終戦からバブルの崩壊まで、特にマーケティングに力を入れなくても成長し続けることができた。

歴史あるブランドの改革を迫られた時、多くの経営者が頭を悩ますのは、何を守り、何を壊すのかということでしょう。メスの入れ方を違えば、ロイヤルティーの高いお客様を失うばかりか、ブランドの歴史や価値を損ないかねません。そうなるとブランドは終わってしまうでしょう。私はその解を、お客様が期待する店の姿を知ることで見極めました。

ページの先頭へ