大前研一の名言|グローバルリーダーの共通点

このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバルリーダーといっても、スタイルは決して同じではない。だが、共通点もある。それはものごとの本質を見抜き、答えを自分で考え出せるというところだ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私がよく使う比喩ですが、富士山は、東京から眺めると小さく見えます。一方、目の前の高層ビルは、富士山よりも実際には遙かに小さいのに、とても大きく見える。目先の利益に目が行ってしまうのはそれと似ています。

ホテル・旅館にサイトに登録してもらうには、一緒にやりましょうという雰囲気に持っていくことが肝心だと思います。同じプロジェクトに参加しているという連帯感を高めるのです。まず親近感を持っていただくことが重要ではないでしょうか。

誰でも自分のキャパシティはわかっているんですよ。だから無理だと思ったら「できません」と上司や周りの人に相談したほうがいいと思います。「この仕事量はまずいな」と気づいているのに、断わり切れずに受けるのはかえって無責任です。早い段階で相談することで、組織全体で一番いい結果を出せる状態をつくる。その方が誠実だと思います。

君たち、文学部も法学部も経済学部も医学部もいるようだが、いずれ仕事をするだろう。そのとき、医者になろうが経営者になろうが、作家になろうが、大事なのはモノを売り込むことではない。自分を好かれることだ。自分を眼にかけてもらうことだ。

コミュニケーションの一番の基本は誠意をもって話すことです。そして、相手の表情やしぐさに目を向けるようにしてください。表情には必ず感情が現れています。メモを取る相手の手が止まっていないかなど、相手を観察して、話の方向性を決めることです。

ネットによって私たちは24時間フル稼働の付き合いをするようになりました。つまりリアルの人間関係のチャンネルが増えたのです。一人の時間が持てなくなったので、人間関係に疲れる人が増えているようです。

事業を起こすとき、全てが順風満帆に行くわけではなく、様々な課題が出てきます。それを一つひとつ皆で知恵を絞りながら解決していき、その結果が自然と誰もが「バイマに任せたいな」と言ってくれる競争力になっていく。

ページの先頭へ