孫正義の名言|正しい数字を見ていれば正しい判断ができる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

正しい数字を見ていれば正しい判断ができる。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが、経営というのは結局、社長の道楽なんじゃないかな。道楽だからこそ、精神的にも体力的にも続けられるのだと思います。

ペーパーレス化を進めるのは、オフィスから離れて働く「テレワーク」の土台をつくるためです。紙を前提に仕事を組み立てていると、オフィスに集まって働く必要がありますが、ペーパーレスであれば、離れた場所でのテレビ会議もスムーズになります。

事業は国家的観念を行動の基本とし、あわせて自分の利益を忘れないように。

日本の教育では、人間学ではなく事務学を教えています。人間学とは、人間としての幅を広め、奥行きを深くしなくてはならんという学問。それに対し、事務学では、戦後アメリカナイズされ、要領だけがよければいいと教えています。それが原因となり、今まで国のリーダーを輩出してきた有名校が、大学受験の試験科目にない歴史の授業をカットするということが起きてしまいました。

アニメや映画でウェアラブル・コンピュータがたくさん出ているのも見逃せません。そういったビジョンは研究者のモチベーションを大いに刺激しますからね。

記憶すべき情報・知識かどうかを検討した結果、記憶すべきだと自分で判断したものは、記憶しやすくなる。

注意したいのは「アイデアを出すために書こう」と思わないこと。そうすると、「目的に合わない」という勝手な判断で、情報を選別してしまうからです。私がこのノートに書いている情報は、ほとんどが「ムダ知識」。役立つかどうかわからないものをひたすら面白がって集めるからこそ、その膨大な集積からブレイクが起こるのです。結果を求めず、まずは楽しむこと。これが一番です。

僕は真っ白なキャンバスに絵を描き続けてきた。

どんな職場でも、努力して真剣に取り組めば見てくれている人は必ずいます。人望というのはその結果でしょう。

カントの言葉を引用することが重要なのではない。本当に重要なのはレンズを通して社会に「私たちは何者なのか?」「個人として、そして社会としてどうあるべきか?」と問いかけることだ。

ページの先頭へ