松下幸之助の名言|まず汗を出せ。汗の中から知恵を出せ。それができない者は去れ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず汗を出せ。汗の中から知恵を出せ。それができない者は去れ。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々経営者は、現場にどれだけ自分が関わっているのかを、もう一度しっかり見つめ直してみる必要がある。

真面目でこつこつやって、最後まで諦めない選手が最後に勝てる。これは経済の世界でも同じだと思います。

相手がだれであろうと、臆することなく自分を売り込む勇気がなければ、なめられて追い返されるだけだ。ドアを思い切り強く叩いて、腹の底から大きな声で叫び、弱きの虫を頭から追い払い、話に耳を傾けてもらうためならなんでもやるという覚悟を持たなければ、顧客や消費者は見向きもしてくれない。

私の人生観は自分の思うままに勝負していくことが最優先で、勝つか負けるかは二の次です。だから破滅も破産も怖くない。

私は常に謙虚でいたい。

ホラを吹き、夢を語る。会社や世の中をもっと良くするんだと楽観的に考えていかないといけない。私は役員会では厳しいことを言って危機感を持たせますけど、社員には夢しか語りません。

情報誌がメインだったころは、キャッチコピーや写真のとり方だけで、集客効果が大きく変わることがありました。スマートフォンの時代に入り、これからはどういうマーケティングが効果的なのか、追求していかなければなりません。

ページの先頭へ