松下幸之助の名言|諦めた者と諦めなかった者との差が出ているだけ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかの企業は諦めて撤退しましたが、松下はやめなかった。諦めた者と諦めなかった者との差が出ているだけ。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最近はお客様とのお付き合いや全国のクルースタッフとの懇親会などがあるので、飲み過ぎに注意しよう、何か運動をしなければと思う毎日。9月に上場してから忙しいと、ついつい自分に言い訳をしてしまうのですが、そこは自分との戦いだと思って、毎朝のランニングを何とか続けています。

システムの内容は完全に弊社オリジナルで、15回ぐらいの仕様変更、改良を行ってきました。クラウド型のシステムにした理由は、弊社内でIT要員を抱える必要がないため。構築やメンテナンスはすべて外注しています。実際のところ、システムの導入により、業務上の手間は半分以下に減ったと試算しています。

5年、10年かけてしっかり勉強して、自分なりの世界観を確立する。それができたら、どんな世の中でも対応できるようになると思います。

企画の立案者が社員なら、その企画はその立案者に任せるべきです。「なぜこれをやるのか」というポイントを一番知っているのは、立案者自身だからです。つまり、アイデアを考え企画した人が、事業の責任を持つということです。

日本は小さなカテゴリーの中でのシェア争いが好きだが、そろそろ一段上のステージに進まないと他国にどんどん追い抜かれることになります。

十分に力を持った人が変化して、新しい仕事に取り組んでいき、元の職場を他の人に残してやらないといけません。そして、金のある人は文化に投資し、消費していかなければなりません。格差がいけないのではないんです。能力のある人が文化に金を使わず、新しい仕事に移っていかないことが問題なんです。

私は今年の手帳と去年の手帳の2冊を持ち歩いています。去年の手帳も持っていれば、過去のスケジュールを見ながら、重要な案件が入らない時期を予測できます。

ページの先頭へ