石川典男の名言|新しい市場をつくるときに大切なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

上から下へデフレ化して売上の総額を減らす市場創造ではなく、下から上へ、売上の総額を増やす市場創造が非常に重要。


石川典男 の経歴

石川典男、いしかわ・のりお。日本の経営者。「成田デンタル」社長。千葉県出身。東洋大学工学部卒業後、中小歯科材商社、歯科技工物製造会社を経て先輩社員とともに成田デンタルラボ(のちの成田デンタル)を設立。経営不振で大きな借金ができ初代社長が失踪。その後を継いで社長に就任し、同社を成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

営業の成功のポイントは「7割聞いて、3割話せ」です。情報収集することで相手を知り、そこで初めて自分の武器、つまり商品やサービスを出します。戦だって相手を知ることが最も大切なことです。情報収集することに営業成功の7割の秘訣が隠されているといっても過言ではありません。

憎らしい人の中にも必ず良いところはある。私は話をよく聞いて、相手の良い部分を探し出すのは得意です。

一度坂を転がり出したら止めるのは大変。営業も販売店も売らなくなる。

37歳のある日、行きつけのバーのマスターに「今後どうするつもりなの?」と聞かれて、すごく安易に、ダメでも音楽以外で別な何かが出来るんじゃないって答えたんですね。そのとき烈火のごとく怒られたんです。「仕事はそんなもんじゃない。つまらなく見えても、彼らは10年、20年と経験を積み、仕事を全うしている。キミはどうだ。こっちがダメならあっちなんていう姿勢はもってのほかだ」と。頭を殴られたようでした。おかげで、もう一度音楽に対して思いを新たに出来、真摯な気持ちで頑張ると発憤できたんです。

もしスケジュールや計画を立てるとしたら、それは一度立てたら変えられないものではなく、状況に応じて修正や見直しをしていくものと考えた方がいいと思います。状況変化を受け入れられないような計画は、その時点ですでに計画倒れになっているのですから。

ストレスのない生活なんてありえません。夕方にはストレスホルモンの影響で、疲れて集中力もなくなり、気持ちが萎えたりちょっと怒りっぽくなったりする。でも朝起きて、太陽の光を浴び、活発に活動することでセロトニンがしっかり分泌されていれば、うつになったりキレたりすることはありません。

アジアビジネスで成功を納める上で「人材」という経営資源は日本以上に重要となる。人材を如何に定着させ、その価値を最大化させるか。

平常心を取り戻すには、深呼吸して内面の環境を変えること。息をゆっくり7~8秒かけて吐き切ってから吸う。上空を飛ぶ飛行機や烏をゆっくり目で追っていくのもいい。

ロールモデル(手本)を探すとき、一人の人間にすべてを求めてはいけません。仕事も抜群にできて、人間的にも神様のような人格者で、部下の面倒見も良くて……、そんな人はめったにいないと心得るべきです。それを大前提として、他人の強みに目を向けるのです。人に会ったら、「この人から、ひとつだけでも得られることがあるとしたら何だろう」と考えることです。

喫茶店の開業資金を貯めるために「すかいらーく」に入社しました。はじめは開業資金を貯めたら辞めようと思っていましたが、資金繰りやスタッフの育成など学ぶことはたくさんあることに気づきました。少なくとも一度は店長にならないと、自分の喫茶店なんて出せないと思いまして。ガムシャラに勉強し始めました。幸い、店長やマネージャーを育成するためのカリキュラムが整備されていたので、カリキュラムに沿って一生懸命取り組みました。

ページの先頭へ