石川典男の名言|大切なのは大きなビジョンと確固たる理念

このエントリーをはてなブックマークに追加

大切なのは大きなビジョンと確固たる理念。人のために働くという哲学が全社員に浸透していれば、50年でも100年でも増収を続けることはできる。


石川典男 の経歴

石川典男、いしかわ・のりお。日本の経営者。「成田デンタル」社長。千葉県出身。東洋大学工学部卒業後、中小歯科材商社、歯科技工物製造会社を経て先輩社員とともに成田デンタルラボ(のちの成田デンタル)を設立。経営不振で大きな借金ができ初代社長が失踪。その後を継いで社長に就任し、同社を成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

トップにとって経営とはバランスシート(貸借対照表)で語る物語です。理想的なバランスシートを構想し、それを実現するため、企業内のあらゆる組織、あらゆる人間が行うべき仕事を導き出していくのです。

部下の信頼を得るのは簡単ではありません。心がけたいのは、質より量。週1回の会議より、毎日の何気ない会話が大切です。相手のことを知らなければ、相手にとって適切な質問は浮かびません。部下の何を知っているのか。まずは自分に問いかけるところから始めてみましょう。

「睡眠の質」に気を配るアスリートやスポーツ愛好家の購買行動が、一般消費者層の牽引になるのですが、彼らに興味を持ってもらうには、デザインにもこだわる必要性がある。
【覚え書き|大ヒットしたビビッドカラーの高機能マットレスAiRについて】

たゆまぬ勤勉さと優れた教育があれば、どんなことも可能になる。大統領にだってなれる。それこそがアメリカンドリームなのです。

インターンシップにしても、企業側は得てして、お客様を迎えるように学生を扱い、学生側も社会見学みたいな気分で働きます。これではまったく意味がありません。学生自身の意識改革が求められると同時に、これからは大学と企業、産学協同で学生の就職を支援していくことが求められます。

商品やサービスをネットで検索するとき、有名な比較サイトのクチコミページなどにひっかかると安心できます。商品やサービスのポジショニングといった業界地図が把握できるからです。実際、ホームページで真剣に集客しようとしている会社はかなりの確率で、自社でクチコミページを立ち上げたり、ホームページ内で自社と他社の商品を中立的に比較できる仕掛けを施しています。

身の振る舞いも、住む家屋も、持ち具足(鎧)なども、すべて、地位や身分に従って、適当なものを選ぶべきだ。身分に過ぎたことがあれば、人から煩わせられがちで、また、それを後々まで維持し全うすることはとうていできない。

僕は朝起きたときから、義務感をひとつひとつ打ち消す作業を続けています。「~しなければ」を「~したい」に切り替えるんです。たとえば、「顔を洗わなきゃ」なら、「どれだけ少ない水で洗えるか」とゲーム化する。「それができたら苦労はしないよ」と思われるかもしれません。たしかに最初は難しい。でも続けていると、少しずつできるようになります。

法人営業ならば、顧客企業が何を欲しがっているかを把握するのはもちろん。顧客の顧客、つまりエンドユーザーが何を求めているかを理解して、顧客企業とともに売り方を考えていけるような営業マンが歓迎されます。

振り返れば、ロングセラーはどれも新たなセグメントを作り出してきました。真っ先に思い浮かぶのがソニーの「ウォークマン」。消費者は競合商品もウォークマンと呼びました。商品名がセグメントの呼称になるほど定着すれば、本当に強い。米グーグルの検索サービスもそうでしょう。「ググる」なんて言葉は、それを象徴しています。

ページの先頭へ