石川典男の名言|「売上が前年同月比を割らない」ことを日々心掛ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

25年間、業績が堅調に伸びてきたのは、「売上が前年同月比を割らない」ことを日々心掛け、それを守り続けてきたからにほかなりません。毎月の売上が前年同月を上回れば、当然、年間でも前年を上回ることができます。数値目標として、私がこだわってきたのは唯一これだけです。


石川典男 の経歴

石川典男、いしかわ・のりお。日本の経営者。「成田デンタル」社長。千葉県出身。東洋大学工学部卒業後、中小歯科材商社、歯科技工物製造会社を経て先輩社員とともに成田デンタルラボ(のちの成田デンタル)を設立。経営不振で大きな借金ができ初代社長が失踪。その後を継いで社長に就任し、同社を成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

年配者は最後まで爽快感を持って生きることが大切。二度、三度生きよう。年配者は自らのアセットをどう活用し、前に進んでいけるかが問われている。

人がお金を使うのは、それに見合う満足を得るためです。お金で満足を買う。そのとき、商品が媒介することもあれば、サービスが媒介する場合もあります。その満足のあり方こそがここに来て変わってきました。自分はどんなことに満足を感じるのかがハッキリしている人は、買い方の知恵を絞ることもできるのです。

信頼というものは一夜にしてできるものではない。しかしながら、長年にわたって築き上げてきた信頼、信用を一夜どころか、ほんの一瞬の不注意で失ってしまうことになる。商売をするものにとってこれほど情けないことはない。

昔から方位で禍福を考えたり、月日で吉凶を説いたりすることがあって、世間ではこれを信じているが、この道理はあり得ない。禍福吉凶というものは、人それぞれの心と行ないとが招くところに来る。

英語を身につけるには、基礎の部分をおろそかにしないことが大切。基礎をつけるのに近道はない。

いま世の中には、一部の人たちの利益を守るために、みんなにとって不便なものが多すぎる。医薬品のネット販売の話もそうじゃないですか。あんなものはさっさと規制緩和すればいいのに、ぐだぐだ言ってるから社会が停滞するんです。

不動産に関わるさまざまなサービスをワンストップで提供しています。従来は投資用不動産の販売、売買・賃貸仲介、物件の管理・運営などの各領域にそれぞれ事業者がいて、サービスを別々に依頼しなくてはなりませんでした。その点、当社はこれらのサービスをひとまとめで提供しているため、顧客にとって高い利便性を提供しています。

人間は一生のうち逢うべき人に必ず逢える。しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎないときに。

裏付けのない形だけの気配りでは意味がありません。本当の気配りとは、本質的な善良さがにじみ出て、誠意という裏付けがあって、はじめて生きてくるのではないでしょうか。

できないことを自分が置かれた環境のせいにせず、とにかくやってみようと思ったのがすべての始まりでした。

ページの先頭へ