柳井正の名言|オンリーワンでは世の中を変えられない。ナンバーワンでなければならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オンリーワンでは世の中を変えられない。ナンバーワンでなければならない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

外国は観光地ではなく、仕事の戦場です。日本のビジネスマンもそろそろ口先でグローバルというだけでなく、世界をビジネスの場と見る意識をもっていいのではないでしょうか。経営者にしても、外国に行って戦った経験のある人が、活躍していますよね。

リーダーは誰よりも自分を磨いておく必要がある。組織は、リーダーの力量以上に伸びない。いくら相手の耳を開かせる技術や工夫をこらしても、話す内容や話す者の人間性が低いレベルであれば誰が聞く。発するひと言が、胸を打つような中身がなければ、とうてい人の上に立つ者として信用されない。

関係者への根回しを怠っているために、成果を出せない「もったいない人」が多い。

相手は興味があるから即断即決を迫るんです。これは貸しをつくれる機会だと思って受けるべきです。社に持ち帰って検討しますと言った時点で、ノーとは言えなくなってしまう。検討して駄目だということになれば、信用を失います。

僕はこれまでにたくさんのご夫婦を見てきましたが、あまり上手くいっていないご夫婦はどうもあまり褒めあっていないように思える。その反対に、上手くいっているご夫婦は、巧まず自然のうちにお互いが褒めあっている。そういうことがいえると思うのです。人間というものは他人から褒められるのも嬉しいものですが、自分の奥さんなり、ご主人からそういうことを言われるとひとしお嬉しいものです。

ビジネスは結果がものを言う厳しい世界です。どんなに口で「頑張ります」と言っても、結果が伴わなければ認められません。

映画会社から依頼が来る翻訳は、いつも突然です。ある日、電話がかかってきて、「今フィルムが届いたので、翻訳をお願いします」と、納品まで1週間ももらえないケースがざらにある業界です。翌日以降のスケジュールをキャンセルして、自宅にこもってひたすら翻訳するしかない。だから手帳の予定欄はシンプルです。

重要なのは、日経平均株価の1日の値動きのような短期的なことに目を向けるのではなく、長期的に物事を見ること。すると、マスコミなどのミスリードに惑わされることなく、本当の状況を見極められるようになる。

考える技術はないですね。強いて言えば訓練であり、習慣です。若いときから自分の頭で考える訓練を積むしかない。ただし、目標設定は大切ですよ。

今後、食資源を原料とする企業は、中期的、構造的に続く原料の高騰に対応した新しいコスト構造や価格体系を構築しないと、食資源を確保できなくなる懸念があります。

ページの先頭へ