松下幸之助の名言|経営者はどんな場合でも、経営意欲を失ったらいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者はどんな場合でも、経営意欲を失ったらいけない。希望を持ち、希望を持たせてやらなければ。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

未来に希望を持てる社会にするためにも、経済界のリーダーは明るい将来に確信を持ち、前に進んで、企業、ひいては社会を引っ張っていく姿勢が必要。

信頼関係を築くには、自分から歩み寄って、相手を知ることが大切だと考えました。現場でスタッフが働く様子を日々間近で見ていれば、200人いても顔と名前が一致してきます。また、何かを話したがっているスタッフの存在にも気づきます。そうした場合に、立ち話でもいいから話を聞くことで、その人が抱えている悩みや将来の希望などがわかります。机に座りっぱなしでは、こうした情報は得られません。

最上のものは過去にあるのではなく、将来にあります。旅路の最後まで、希望と理想を持ち続けて進んでいく者でありますように。

唯一、東京に足りないものは「希望」。今日よりも明日のほうがいい。みんながそう信じ合えることが、何よりも大切。

「これぐらいの時間で仕上がったらいいな」という希望的観測でスケジュールを組まないこと。往々にして希望と能力はかけ離れているものですから、スケジュール通りに仕事が進まず、予定自体が意味をなさなくなります。

日本より遙かに経済状況が悪い国々の人は食べ物がない、住むところがないといった絶望と背中合わせに生きています。それゆえ、希望というものをはっきり見据えながら生きることができるのです。だから、被災地にも笑顔がある。それもとびっきりの笑顔。なぜならそこでは絶望という影が際立っているからです。影があるから、光の存在が認識できるといってもいいでしょう。

ぼくは店舗数を競うことにはモチベーションが上がらないんですよ。それよりも、メンバーの中から経営者が育っていくとか、やる気を持てずにいる人が変わるためのきっかけを提供するとか、自分の可能性に気づいて希望を持ってもらうためにぼくに何かできることをしたい。そういうことにすごくやりがいを感じるんです。目がキラキラ輝いていく人の顔を見るのが好きなんですね。

僕は、最後は希望や奇跡を信じながら臨むしかないと思っています。つまり今の自分にすべてを賭ける。

希望を持つことはやがて失望することである。だから失望の苦しみを味わいたくない者ははじめから希望を持たないのがよいと言われる。しかしながら、失われる希望というものは希望でなく、かえって期待というごときものである。個々の内容の希望は失われることが多いであろう。しかも決して失われることのないものが本来の希望なのである。

個人の希望と会社の都合という2つのベクトルが合っていなければ、お互いにハッピーになれません。この2つをマッチングさせるのが人事の仕事。だから、当社のモットーは「good for you, good for BP」なのです。

ページの先頭へ