松下幸之助の名言|仕事や地位は、半分は我がために、半分は社会のために

このエントリーをはてなブックマークに追加

いま自分に与えられている仕事や地位は、半分は我がために、半分は社会のためにある。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

起業したい人や管理職になる人は、決算書の読み方を学んでおいた方がいいと思います。管理職になると、自分の部署の予算管理をすることになりますから、嫌でも身につける必要があります。

人間というものは多忙のときが最も危険である。多忙なときにこそ、市場調査をし、ライフサイクルを予測する必要がある。ひとつの製品が伸びっぱなしになってしまうということはありえない。やがてピークが来て落ちる。

小林製薬には、ユニークな社内制度がいくつもあることで知られていますが、その多くは社員の士気を高めるためのものです。たとえば「ホメホメメール」。会社に貢献した社員に、私や社長などトップが直々にメールする制度です。

企業の戦略についての重要な決定の責任は、政治戦略の責任のときと同じく、当然トップに立つ者が行うものである。それが彼の存在理由である。

基礎技術の研究を継続することは、住友電工の生命線です。この努力を怠れば永続できる会社ではなくなってしまう。

私の経験が多少なりとも参考になるのなら、思い切って決断すると、意外と道は開ける、とは言っておきたい。

とくにスポーツでは、ケガや不調などで思いどおりにいかないこともあります。だからこそ、困難な状況でも気持ちを前向きに切り替え、次のチャレンジに向けて目の前のことに全力投球することも必要だと思います。

ページの先頭へ