松下幸之助の名言|人間の心は伸縮自在

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の心は孫悟空の如意棒のように伸縮自在で、大きくも小さくもなる。要は各人の心の持ち方次第。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日建設計は近年、「ライフサイクルデザイン」という戦略を掲げています。設計だけでなく、川上である事業計画の立案や、建築後のメンテナンス、改修計画まで仕事の範囲を広ける取り組みです。

私は大学院で教えていますが、教育には答えがありません。「これをすればできるようになる」「こうすれば優秀な人材が生まれる」というように、簡単に結果や答えが得られるものではない。でもだからこそ、面白みがある。

両備グループの経営理念は「忠恕」。真心からの思いやりという意味です。お客様のために公共交通を存続させたいという一念で、和歌山電鉄などの再生に携わってきました。

創造のためには、側頭連合野の素材が、前頭葉に引き出され、活用されなければならない。そのためには、前頭葉を中心とする、意欲の回路が十分に働かなくてはならない。

成功可能性50%でGOサインということはありません。正確に数字でいうのは難しいですが、7~8割は大丈夫だろうというあたりですね。最後は経験則で決めるんです。だいたいこのくらいだったらいけるだろうと。

理想は、旬の野菜や魚、肉、卵、きのこ、海藻などいろいろな食材が含まれている食事。たとえば鍋は理想的ですね。一方、丼ものやラーメンなどは栄養素が偏りがちなので、毎日そればかりという人は要注意です。

社会人になってから英語の勉強を本格的に始めても、遅いということはまったくありません。
【覚書き|大学卒業後、外資系企業に入社した当時、受験単語を知っている程度しか英語ができなかったことについて語った言葉】

ページの先頭へ