ショーペンハウエルの名言|成功に至る三段階

何ごとも成功までには三段階ある。第一段階、人から笑い者にされる。第二段階、激しい抵抗と反対に遭う。第三段階、それまで笑い者にしたり反対したりした人たちが、いつの間にか「そんなことはわかっている」と同調する。

ショーペンハウエル の経歴

アルトゥル・ショーペンハウアー、ショーペンハウエル。ドイツの哲学者。ゲッティンゲン大学医学部を経て哲学部へ転部。その後、ベルリン大学へ移りドイツ観念論を代表する哲学者ヨハン・ゴットリープ・フィヒテに教えを受けた。博学で、法律学から自然学まで多くのジャンルについて語った。ベルリン大学講師を務めた。主な著書に『意志と表象としての世界』『自殺について』『幸福について』『読書について』『存在と苦悩』

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

專門性を磨くことで、ビジネスを推進する人脈をも呼び寄せることができる。

当社には役員室をはじめ、どのフロアにも個室や間仕切りは一切設けていません。社長も個室はなく、役員と一緒の大部屋です。そこで役員が話していることは、聞こうとしなくても耳に入ってきます。いまの情勢をどう見ているかといったことも聞こえてきます。電話の声が聞かれたって困りません。結果的に役員間の意識は共有化し、情報も共有化します。これも風通しを良くしている一因でしょう。

自分の原点に戻ることができる拠り所があれば、人はそう簡単に揺らがない。芯となる部分に気づけば、発想ひとつで、辛さは楽しさに変わる。

当社の社員は「自分たちの製品で勝負したい」「我々はメーカーである」という誇りを持っています。そして、モノ作りが大好きで、良いモノを作るためには時間を忘れて働く。いわゆるIT系ではなく、メーカーであることが、当社の最大の強みではないでしょうか。

一律に何かよいことを提供するのがサービスなのではなくて、受ける側の立場に立つて、その人の気持ちを慮りながら考える必要がある。

人間同士の付き合いは、たとえ、どんな遠慮のない仲であっても、常に一種の演技がある。

英語学習を進めるアクセルになる材料は、誰でも皆ある程度持っています。英語ができるようになったら海外に行きたい、外国人の友人をつくりたい、等々です。ただ、多くの人にはブレーキが強烈です。ここを軽くするだけで、ずっと前に進みやすくなります。

人生の中には晴れの日もあれば、雨の日もある。

大事なことを伝えるには、信頼し合える人間関係の構築が何より大切。独りよがりではダメ。

関心を持っているのは、例えば電子書籍や株情報、映画なども結合させて、既存のマーケットに限らずいろいろなユーザーを呼び込める大きな電子マーケットを作ること。興味を抱いていらっしゃる異業種の方もいらっしゃいます。とはいえ、自社の顧客を流すわけですから、賛同されないところもあるでしょう。そこは各社の考え方だと思います。最後に使うかどうかを決めるのは、お客さまがこうした取り組みに利便性を感じていただけるかどうかだと思います。

ページの先頭へ