盛田昭夫の名言|若い人たちがそれでいいというのだから、いいじゃないか

このエントリーをはてなブックマークに追加

使うのは若い人だ。若い人たちがそれでいいというのだから、いいじゃないか。
【覚え書き|「ウォークマンという名称は英語的におかしいのでは?」と質問した社員に対しての言葉】


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

売れていないときは、いろいろ手を打ちたくなるものです。上から下りてくる指示が多くなればなるほど、やることに精一杯で考える余裕がなくなり、責任感も失せてくる。しかし、「これだけでいい」といわれると、自分で工夫する時間や、やり切る余裕も生まれる。

我々は技術を核に、必要であれば他社と提携を進めていきます。顧客に新しい価値を提供するためには、ビジネスモデルだけでなく、とがった技術が必要です。ですが、同業他社を買収するという選択肢は考えていません。

接客する際、どんなお客様でも変わらない心を持つことが肝要です。相手がクレーマーであっても動じてはいけません。反論はしない。しかし謝り続けてもいけない。

トップとして必要なのは直観力と情熱。情熱は最適な決断を促す源にもなる。

経営統合はしましたが現状では、あくまでも三越と伊勢丹という2つの「のれん」があり、それぞれのお客様が異なるというか、はっきり言うと、真逆のお客様を抱えている。これをひとつののれんにしてしまうということは、非常に難しい。いい例が、大阪です。「三越伊勢丹」と、二つののれんをくっつけてしまったためにうまくいっていません。つまり現状では、三越、伊勢丹それぞれに異なるブランド価値があって、そのいずれかをご評価いただいているということだと思います。

自分の浅はかな思慮だけで十分などと考えないで、書物に学び、他人の意見を聞くことが欠かせません。自分の意見に反対する人がいれば、なぜそう思うのか、よく聞いてください。他人の意見を聞くことは、他人の視点でものを考えるきっかけになります。他人の意見を聞かなければ、視野が広がりません。多くの違った意見を聞いて、そのうえで、自分はどう考えるのか。これが、本当に「自分で考える」ということではないでしょうか。

私たちのビジネスも、初めから成功するかどうか分からないものが大半です。しかし、他社と同じことをしていてはイノベーションは起こりません。

ページの先頭へ