住友家家訓

住友家家訓

  1. 主務の権限を越え、専断の所為あるべからず。
  2. 職務により自己の利を図るべからず。
  3. 一時の機に投じ、目前の利に走り、危険の行為あるべからず。
  4. 職務上過誤、失策、怠慢、疎漏なきを要す。
  5. 職務上に係り許可を受けずして、他より金銭物品を受領し又は私借(ししゃく)すべからず。
  6. 名誉を害し、信用を傷つくるの挙動あるべからず。
  7. 私事に関する金銭の取引その他証書類には各店、各部の銘柄をもちうべからず。
  8. 廉恥を重んじ、貧汚(どんお)の所為あるべからず。
  9. 自他共同して他人の毀誉褒貶(きよほうへん)に関して私議すべからず。
  10. 機密の事を漏洩すべからず。
  11. わが営業は信用を重んじ、確実を旨とし、もって一家の強固隆盛を期す。
  12. わが営業は時勢の変遷・理財の得失をはかり、弛張興廃(ちかんこうはい)することあるべしといえども、いやしくも浮利に走り軽進すべからず。
  13. 予州別子銅山の鉱業は我が一家累代の財本にしてその業の深長は実に我が一家の隆衰に関す。よろしく旧来の事跡に徹して将来の便宜をはかり、ますます盛大ならしむべきものとす。

家訓・社是・社訓・経営理念 の経歴

家訓や企業の標語・経営理念。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社の社是は、「いい会社をつくりましょう」です。いい会社とは、単に経営上の数字がいいというだけではなく、社員、取引先、お客様、地域社会から「いい会社だね」と言っていただけることが重要です。それは決して簡単なことではありませんが、伊那食品の経営を通じて、それが実現できることを証明したいと思っています。

「結果が出せなかったらクビだ」というのは、いつも念頭に置いて仕事をしていました。

数字で定量的に考える習慣のない人は、「きっとどこかにビジネスの正しい答えがある」と思い込んでいて、その正解がすぐに見つからないと、考えることを諦めてしまう傾向があるように思います。しかし、多くの優れた経営者が語るように、ビジネスに正解などはありません。あるのは仮説だけです。その仮説も正しいかどうかはわかりません。営業とはその正しいかどうかわからない仮説を、ものごとを定量的に把握し、PDCA(計画、実施、検証、改善)を繰り返すことで検証していく作業なのです。

私の父がよく言っていた「和合して栄え、相克して滅ぶ」という言葉を、これからも大切にしていきたい。

嘘のない、本音で向き合う姿勢ならば、最終的には視聴者に受け入れられる。

優秀な人は、仕事そのものに価値を見出しています。だから仕事に前のめりで取り組めるのです。一方、自分の仕事に価値を感じていない人は、労働の対価としてお金や物を求め、もともと好きではないから気分が乗らずに手をつけるのも遅くなる。

翻訳は批評を前提にしないと成り立ちません。この十年来、英米文学の名翻訳者・柴田元幸さんと交流させていただく中で実感していることでもあるのですが、翻訳対象の作品を批評できないようでは、その人が翻訳者である必要はないと思います。翻訳家の必要性は、原文に対してどのような批評を発動できるか、その一点にあると言えます。

自分の適性に自信が持てなくなった時、自分を深く見つめるのもいいが、むしろはやくから客観的に自分を見ることも大切。

このような国際環境の中では、我が国も百年の大計を立て、外国企業の直接投資自由化にも積極的な姿勢で取り組み、また日本企業の海外進出も進んで行うべきである。かくて、経営や資本そのものが日本へ入り、日本からも盛んに出ていくのが、将来の大勢ではないかと思う。こうなると相互にワールドエンタープライズへの発展ということになる。

学習の場は職場だけではありません。会社外での勉強会や読書会へ参加してみることをお勧めします。社外で自分の仕事の意味や能力を客観的に確認できるかもしれません。会社の欠点だと思っていたことが、世間的には評価されていたりもします。視野を拡大させると、仕事に対する新たな意欲も湧いてくるものです。

ページの先頭へ