ユニデン(株)管理職十訓

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニデン管理職十訓

  1. 指示が正しくとも、それが正しく実行されないのは、指示の出し方が悪いということを自覚せよ。また、指示を出すからには必ず、最後の結果が出るまでフォローせよ。
  2. 自分で確かめることなく部下の言葉をうのみにし、それが失敗の原因となった場合は、部下を責めることなく自分の不注意を恥と思え。
  3. 部下に対し、過重な職責、またはタイトルを与え、それが失敗の原因となった場合は、部下の能力を責めることなく、自分の不明を恥じると同時に人事の重要性を知れ。
  4. 自分の部下の四分の一以上が平均点以下であれば、自分も管理職として失格と思え。ユニデンのモットーは小集団の大集団でありひとつひとつの部署が強力でなければならない。
  5. 素質のある部下に対しては年齢・経験にかかわりなく仮想重用地位を設定しそれに基づき鍛え上げよ。管理者は実務遂行責任者であると同時に、次の世代に対する教育係でもあり、これも管理職の最も重要な仕事のひとつである事を自覚せよ。ユニデンのモットーは「企業は人であり、人こそが企業である」。
  6. 部下の冠婚葬祭はもちろんのこと、個人的なことに関しても誠心誠意ことにあたり、面倒を見よ。とくに海外拠点の長は時に父親であり兄であれ。
  7. 部下の収入には十分に気を使うと同時に責任を持て。ユニデンモットーにあるように感情と勘定は仕事の両輪であり、とくに自分の部下の間で勘定に不公平またはアンバランスがあってはならない。正しい評価こそが部下との信頼関係を築く第一歩であることを認識せよ。
  8. 自分が忙しく、部下が暇な者は最低。部下が忙しく、自分が暇な者はまあまあ。自分も忙しく、部下がそれ以上に忙しいのが最高の管理職である。
  9. 事に当たるに際し、その成否が自分自身の生活に密着している事を自覚せよ。とくに取引の損得、現金の出入りについては自分の金ならこうする、会社の金だからああしたというのは管理職としてあまりにも無節操である。
  10. 「無事これ名馬」いかに優秀な者でも、病欠の多い者は管理職として不適格である。健康管理を充分に行い、常にベストな体調を持って仕事に臨め。

家訓・社是・社訓・経営理念 の経歴

家訓や企業の標語・経営理念。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は将棋は創作だと考えている。何はともあれ、一歩先に出た方が勝つ。もし一局ごとに新手を出す棋士があれば、彼は不敗の名人になれる。その差はたとえ1秒の何分の一でもいい。専門家というものは、日夜新しい手段を発見するまでに苦しまねばならぬ。

私たちは笑える話を聞かせてくれる相手を好む。こちらが大笑いできる冗談を言ってくれる人は、例外なく魅力的だ。会社では仕事に差し支えない程度に周囲の人たちを笑わせるように努力しよう。仕事中だから冗談を言ってはいけないなどと考えず、とにかく面白いことが頭に浮かんだら、すぐにそれを言ってみるのだ。そうすると会社の雰囲気が楽しくなってくる。

目的なしに行動するな。処世の立派な素晴らしき原則が命ずるよりほかの行為をするな。

この喧噪の時代に、沈思黙考することは時代遅れな技法となった。集中力が保てる時間はますます短くなり、魂は病んでいる。ウェブスター辞典の定義によると、沈思黙考するとは、「継続的に注意を払ってみること、深く瞑想すること」である。そこから「注意深く見つめる」という意味になった。沈思黙考は個人的な悩みや仕事上の問題を解決するには有効な方法だ。

城をかように高く築いてあるものも、かほどに堀を広く設けてあるのも、みな戦争の備えなのだぞ。西国の敵がこの城を奪わんとしたときは、徳川の武人の屍が、この塁をもっと高め、戦士の血がこの池をなお深くするはずである。死を忌みごとと思う了見なら、最初から城など造らぬがよい。【覚書き|城代として勤めていた大坂城で病にかかったとき、息子の重次がやってきて正次を私宅に下がらせようとしたときの発言】

寝ても覚めても、夢中に板画のことばかりでいっぱいでした。そのころは、名ある版画家もカフェや料理屋のマッチペーパーまたは年賀状などなどの仕事をつくっていました。こんなことでは駄目だと私は思っていました。金になる、ならないを超えた、仕業位性の高い日本の版画をつくらなければならないと思いました。

ただ一度の人生。その限りある生命の空間を飾って一点に全力を傾注することに、美しさに似たものを覚える。流通業に身を置く経営者として、何はさておいても流通の近代化と取り組んでいくのが、私にとっての永遠のテーマである。命ある限り、全力投球を続けたい。

リストに優先順位を決めてしまうと、リストに上げた一つ一つに手が回らなくなることが多すぎる。「あまり重要でないこと」は、「もっと急ぎのこと」の登場で棚上げされてしまう。しまいに「あまり重要でないこと」は、棚の上で腐りはじめる。腐臭が漂うころには、それは最も優先すべき事柄になっている。

信念を持って仕事に向かい、失敗を恐れず実行するところに、人間としての前進や企業の発展が生まれる。皆の考えではない。これは自分の考えだと自信を持って言える仕事は必ず成功する。そしてそのような仕事こそ後世まで残るのである。

毎日家にいて、やることがなくって困ってますよ。仕事、本当に面白いのは仕事だけ。
【覚書き:引退しホンダの経営から退いたあと、隠居暮らしについて尋ねられたときの発言。】

ページの先頭へ